【S40News!】ミニのクーペモデルが発表。

BMWはMINIのニューモデル『MINI Coupe(ミニ・クーペ)』の予約注文の受付を開始したと発表した。12月以降の納車を予定しているという。

ハッチバック、コンバーチブル、クラブマン、クロスオーバーに続いて、ミニファミリーに加わる5番目のモデルで、量産モデルのMINIとしては初めて2シータークーペのコンセプトを採用したのがこのミニ・クーペだ。走行性能の向上を図り、スポーティなキャラクターを強調した新型車である。

スポーティなスタイルは初の3ボックスボディからくるものだけではない。ハッチバックと比較すると車高が50mm低く、Aピラーの角度が13°小さく鋭角になっている。これにより、cd 値(空気抵抗指数)が下がり、より高い加速性能を実現している。また、『アクティブ・リヤ・スポイラー』が採用され、速度が80km/hを超えると、トランクリッドに組み込まれたスポイラーが自動的に上昇し、より高いスタビリティを発揮するギミックも搭載されている。

また、MINIMALISM(ミニマリズム)と呼ばれる省燃費技術も多く採用されているのも特徴。バルブトロニックや直噴技術を採用した効率のいいエンジン、ブレーキ回生システム、オート・スタート/ストップ機能、シフトポイントインジケーター、電動パワーステアリング、オンデマンド運転の補機類などを装備している。これによって、ラインナップ6モデルのうち、3モデルがエコカー減税対象車となっている。

さらに、ハッチバックモデルを超える280Lの容量を確保したラゲッジスペースを持っており、スポーティな外観に似合わず意外に多用途に活用できそう。ちょっとしたキャンプ道具なども入りそうだ。価格は1.6L 直列4気筒エンジンを搭載した6速MTモデルのクーパーが297万円から。

   

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。