【S40News!】BMW 1シリーズがフルモデルチェンジ。

BMWは、プレミアムコンパクトセグメント唯一の後輪駆動モデル『BMW 1シリーズ』をフルモデルチェンジした。10月からの納車を予定しているという。

04年の初代モデル発売以来となる第二世代目の登場である。新世代エンジンの搭載やサスペンションの最適化によって、よりスポーティでありながら高効率、かつ、走行快適性が大幅に改善されている。やや前傾したキドニーグリルを採用し、挑戦的なキャラクターを強調したエクステリアを持つニューモデルは、ロングエンジンフード、ロングホイールベース、後方に寄せられたキャビンにより、いかにもFRらしい、スポーティで伸びやかなプロポーションが特徴だ。従来モデルに比べてホイールベースが30mm長くなった事により、室内空間も拡大されている。特に後席においては、足元スペースが従来モデルよりも約20mm拡大し、後席の居住性が改善されている。また、約50:50の理想的な前後重量配分も実現。

1.6Lの排気量を持つ直列4気筒にツインスクロールターボを採用したパワーユニットを搭載。高精度ダイレクトインジェクション、ダブルVANOS、そしてバルブトロニックの組み合わせにより、低回転から最大トルクを発生させる事が可能。トップモデルの120iでは最高出力170ps/4,800-6,450rpm、最大トルク25.5kgm/1,500-4,500rpmを発生する。

駆動系には8速オートマチックトランスミッションを採用。無駄な燃料消費を抑制するエンジンオートスタート/ストップ機能、ブレーキエネルギー回生システム、電動パワーステアリング等が採用され、最高出力で11%、最大トルクで38%向上させながら燃費を24%向上させ、燃費は17.6km/l(116i)を実現させている。

スタンダードモデルとして116iと120iという出力の異なる2車種を用意。これらをベースに専用のエクステリア/インテリアパーツや特別な装備品を採用することでデザインを差別化し、よりスポーティさを強調したモデル「Sport(スポーツ)」と、よりデザイン性を重視したスタイリッシュなモデル「Style(スタイル)」を選ぶこともできる。価格は308万円から。

   

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。