いま再び… ジアース、発進。『ザ・ムーン』のジョージ秋山も推薦文を寄せていた、巨大ロボSF新境地―鬼頭莫宏『ぼくらの』完全版刊行。

おはこんばんちはです。編集部の “フクヘン?A” (仮)です。

1965年生まれの昭和40年男 (世代) 向け…「S40ニュース!」をお届けします。

と言いつつ今回は、昭和40年男にはあまり縁がなかったかもしれない、2000年代マンガ作品のご紹介なんですが… 巨大ロボットSFの新境地を開いたとされる、鬼頭莫宏先生の『ぼくらの』完全版コミックスが全5巻で刊行。そのうち1、2巻が本日発売となりました。アニメ化され、主題歌『アンインストール』が話題となったため、その界隈に興味のある方なら、タイトルはご存じかもしれませんね。

さて、ここで先日惜しまれつつも亡くなったジョージ秋山先生の登場なんですが、『アシュラ』『銭ゲバ』『浮浪雲』『デロリンマン』『パットマンX』など昭和40年男世代お馴染みのヒット作も多い中で、知る人ぞ知る?『ザ・ムーン』という作品がありました。“サンスウ” “カテイカ” など教科名で呼び合う9人の少年少女たちが般若心経を唱えることで、涙を流す巨大ロボット “ザ・ムーン” を操縦するという異色のSFものでした。
 
ジョージ秋山先生の訃報に際して、昭和40年近辺生まれの、有頂天のケラさん、筋肉少女帯の大槻ケンヂさんらが『ザ・ムーン』の名を挙げて追悼のメッセージを発していましたが、少々マイナーではあるものの、刺さった人には強烈に刺さった作品だったのではないでしょうか。
 
そして、まさにこの『ザ・ムーン』に着想を得て描かれたのが、今回ご紹介する『ぼくらの』なのです。

“ザ・ムーン” に対し、『ぼくらの』には全高約500mの “ジアース” という超巨大ロボットが登場。夏休みの臨海教室にたまたま集まった15人の少年少女たちがジアースに乗り込み、自らの命と地球の命運を賭けた、あまりに残酷な戦いを余儀なくされるのです。
 
ザ・ムーンの頭部には操縦者の少年少女の数に対応した9つの光が灯されていましたが、ジアースの頭部にも同様の光が確認できます。また、『ザ・ムーン』には少年少女のサポート役として忍者のような “糞虫” というキャラクターが登場しましたが、『ぼくらの』には “コエムシ” という名の謎の存在が登場。
 
もちろん表層的なことだけでなく、作品性においても通底するものがあります。連載時に発売されたコミックスの帯には、当のジョージ秋山先生が推薦文を寄せていました。ちなみに鬼頭莫宏先生は1966年生まれだそうで、やはり昭和40年男世代なんですよね。
かつての『ザ・ムーン』、あの悲壮なラストを覚えている方であれば、『ぼくらの』もきっと刺さることでしょう…。未読の方はこの機会にぜひ、触れてみてください!

 

(以下、ニュースリリース より)

第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞し、アニメ化もされた鬼頭莫宏『ぼくらの』(鬼頭莫宏・著)を完全版として全5巻で刊行します。

少年少女たちの心の機微を丁寧に描き、その斬新な設定で巨大ロボットものの新境地を開いた本作は、その後の漫画・アニメ・ゲームに大きな影響を与え続けているゼロ年代SFを代表する一作です。

今回、カバーは全巻新規描き下ろしとなり、雑誌掲載時にしか見ることができなかった迫力の本編カラーを収録。さらに巻末には初収録の秘蔵の設定画、イラストを特別収録します。

1・2巻は6月27日(土)、3巻は8月、4巻は9月、5巻は10月発売予定。最終5巻には完全新作マンガを収録!

【作品内容紹介】
『完全版 ぼくらの』1・2巻 (鬼頭莫宏・著)
夏休みに、自然学校にやって来た15人の少年少女たち。
彼らは「ココペリ」と名乗る謎の男に誘われ、巨大ロボット「ジアース」のパイロットとなり地球を守ることになる。 しかし、彼らは知らなかった。そのあまりに過酷な“代償”を―――。
(本巻には第1話「ココペリ1」から第13話「加古功1」を収録)

中身紹介① 美麗なカラーページ
中身紹介② 豊富な設定資料
中身紹介③


【プロモーション】

全巻購入者へ超美麗カラー複製原画をプレゼントするキャンペーンも行います。(抽選で30名様)6月27日(土)より公式twitterで複製原画イラストを決定するアンケートを実施。
さらに6月27日(土)から『完全版 ぼくらの』刊行記念PVをYoutubeで公開します。


『完全版 ぼくらの』①②巻
鬼頭莫宏・著

定価:(各)本体1,800円+税
2020年 6月27日発売
四六判 (各)464ページ
発行: 小学館クリエイティブ 発売:小学館
*③巻・8月、④巻・9月、⑤巻(最終)・10月発売予定


<小学館クリエイティブ内商品紹介ページ>

●第1巻 書誌
 http://www.shogakukan-cr.co.jp/book/b510147.html
●第2巻 書誌
 http://www.shogakukan-cr.co.jp/book/b510160.html


【関連ページURL】

●完全版 ぼくらの【公式】Twitter
 @boku_koemusi
 https://twitter.com/boku_koemusi
●Youtube
 https://www.youtube.com/watch?v=R4q25fbqfkw

 

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*