【昭和50年男】vol.005/7月号 ちょい見せ! 門外不出の写真が掲載!? コヤマシュウ・マツキタイジロウ(スクービードゥー)ご登場!!

おはこんばんちはです。編集部の “フクヘン?A” (仮)です。
隔月刊、偶数月11日に発売!の『昭和50年男』。最新号 vol.005/7月号 好評発売中~ということで、Twitterなどでもお買い上げ報告のツイートをたくさん拝見しまして、ありがたい限りです。でも、もっともっと、読むべき人の手に届いてほしい! ということで、ちょっと間が空いちゃったんですけども、誌面ちょい見せ…またいっちゃいまス。
今回ご紹介するのは、連載インタビュー企画「昭和50年男のリアル」。毎号、昭和50年=1975年生まれのガチなタメ年、まさにリアル昭和50年男にご登場いただいて、子供時代からのルーツ、そして現在を語ってもらうページです。

で、そこに今号ご登場いただいたのが、結成25年!の4人組バンド「スクービードゥー」のリアル50年男コンビ、ボーカルの コヤマシュウ さんと、ギタリストの マツキタイジロウ さんなのであります。


連載/昭和50年男のリアル
コヤマシュウ・マツキタイジロウ (バンドマン/スクービードゥー) …p.122~125

“ロックとファンクの最高沸点 = Funk-a-lismo! の名のもとに、ホットな楽曲とステージパフォーマンスで、お客さんのソウル&タイム&マネーに応え続ける4人組バンド、スクービードゥー。昭和50年生まれで幼い頃からの仲、25年前にバンドを立ち上げたメンバー2人と下北沢で待ち合わせた。”

 

 

コヤマさんとマツキさんのお二人は、神奈川県那中郡二宮町出身。幼稚園で出会い、同じ小中高に通ったという幼馴染み。子供時代から、それぞれのお兄さんに多大な影響を受けたという音楽遍歴、初めてのバンド活動、スクービードゥーの結成、インディーズからメジャーデビュー、そして自分たちでレーベルを立ち上げ再びインディーズへ…と、4ページの記事ではありますが、みっちりと語っていただいてます。

そしてインタビュー終盤、「自己管理ができないとこの時代を戦えない」「今はCDが売れないということよりも、ライブがきっちりとできる人じゃないと生き残れない」といったマツキさんの言葉には、タメ年の昭和50年男の皆サマにも大いに響くんじゃないかと…。ゼヒ、本誌をゲット して読んでみてくださいね!

そしてそして、スクービードゥーが毎週お送りしている Podcast「トーキングリズム&ブルース」の第19回が本日アップ、今回の『昭和50年男』本誌での取材についてトークしていただいてます!

p.124にマツキさんご提供のバンド初期の写真を掲載しているんですが、これが実は 門外不出の秘蔵写真 だったとか? その他、リアル昭和50年男ならではの本誌感想もアリ… ぜひチェックしてみてくださいね~!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*