【S40News!】世界最速連写の高倍率ズーム機登場。

パナソニックは、デジタルカメラ『LUMIX DMC-FZ150』を本日9月22日より発売する。

1台で幅広い撮影シーンに対応できるカメラとして一定の人気がある高倍率ズーム機市場。このFZ150は高倍率の望遠レンズ搭載のFZシリーズの最新鋭機で、既存モデル『DMC-FZ100』と同じ光学24倍ズームレンズ(F2.8-5.2)と1/2.3型 有効1,210万画素の高感度MOSセンサーを採用する。

「一瞬を捉える」をコンセプトに開発されており、高速約0.1秒AF、メカシャッターで世界最速となる毎秒12コマの高速連写機能を実現しているのも大きな特徴。さらに昨今のさらなる高画質への要望に応えるため、より滑らかな動画を実現する「AVCHD Progressive 動画」も搭載している。

背面には3型のバリアングル液晶を配置し、本体上部にはステレオマイクも搭載。重量は約528g(バッテリー、メモリーカード含む)。パナソニックでは、本機を一眼レフカメラに迫る性能をもつ高倍率ズームカメラの決定版としている。高倍率ズームに加え、世界最速のシャッタースピードを実現した本機が、市場でどのように評価されるのだろうか注目が集まる。価格はオープンで、店頭予想価格は5万円前後。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*