スペースインベーダーのおもひで。

俺たち世代にとってスペースインベーダーとの付き合いは、山よりも高く海よりも深かった。まだガキだった俺たちの前に突如として現れた、まさしくインベーダーだった。スーパーの屋上だったり駄菓子屋だったりで立ってプレイする、アップライト型が僕のデビューだった。確か3桁止まりで終わってしまったと記憶している。やがて300点UFO狙いや名古屋撃ち(当時の荒川区ではそんな呼び方はしていなかったが)を習得して、コンスタントに10,000点越えをするようになったあたりでマイブームは収束した。

 

まだ中学生だった俺たちに100円はバカ高かったが、それでも投資を繰り返したのはすべてが新しかったからだ。想像していた未来が、ついにやってきたのだとワクワクドキドキしながら迎え入れた。やがて街のあちこちに、スペースインベーダーをメインにしたゲームセンターができて、スペースインベーダーしか置いていないところなんかも出現した。この頃になるとテーブルタイプが主流になっていて、これまた様々な新しさを運んできた。茶店に設置されたのは衝撃的だった。夢は、クリームソーダを飲みながらのプレイだったが、電気屋の小せがれにそんな金はあるはずない。リッチな友人の体験記に胸を焦がした日がつい昨日のようである。

 

と、様々な想い出がどっちゃり詰まったスペースインベーダーである。そしてある日、僕は知ってしまった。名作ゲームのアップライト型を3/4スケールにした「ARCADE1UP」という家庭用ゲームが国内ではタイトーから販売されていて、ぬぁんとスペースインベーダーが40周年を迎えた一昨年にラインナップしたことを。これは当サイトで取り上げるのに最適でないかと話を持ちかけた。「タイトーさん、一台提供して」である。出たー、伝家の宝刀 “職権乱用” だーっ。いやいや、違うっ。これはお仕事なのだ。太っ腹のタイトーさんは貸与という形で社内をまとめ上げてくださり、こうして僕のもとにでっかい箱が届いたのだ。

 

今後は動画を中心にして、定期的にここでつぶやいていくことにする。名付けて『昭和40年男編集長が中坊へと時空の旅に出る。目指せ10,000点!!』である。その名称通りに、不定期にプレイを楽しみながら10,000点を目指す。みなさんは下手くそでじれったい動画を見ながら、きっとイライラするのだ。フッフッフ、なかなかいい企画がスタートするじゃないか。よーし、いくぜっ。

 

【この商品は株式会社タイトーのライセンス許諾に基づき、Tastemakers, LLCが企画、製造し、株式会社タイトーが日本国内において販売する商品です】
©️TAITO CORPORATION 1978 , 2019 ALL RIGHTS RESERVED.

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*