第67話 書いて、チェックして、また書いて。(2)

 
壮大(自分にとってね)な作品が1日1日と前進していく。
その中には自分の文章も入っている。
ましてや類似誌のない創刊であるから、
ある程度自分のメッセージを強く出すつもりでいる。

んなわけで、P3の
“昭和40年とは?”
とP11・12特集導入部の原稿には、
ぬぁんと9月の頭から取り組んでいた。
読んでいただいた方々は、
そんなに長い時間がかかる文章ではないと思うかもしれないが、
こういったメッセージはどんな切り口にでもできる。
ましてや、苦労して生み出す本で重要な意味を持つメッセージである。

10月7日の夜中28時。
この2つの重い原稿をほぼ決めることができた。
ここからは毎日2〜3回、この原稿を広げては
少しずつ少しずつ完成度を高めていく。
ふーっ。
ビールの一杯でも呑みたいところだがガマンガマン。
短い睡眠をしっかりと取るのだった。
 

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*