祝40周年! レトロアーケード『パックマン』シリーズに、アニバーサリーイヤーを記念した3機種&グリップスタンドが登場! 6/11発売!!

▲『昭和40年男』vol.59/2020年2月号

おはこんばんちはです。編集部の “フクヘン?A” (仮)です。「S40ニュース!」をお届けします。

映画『ピクセル』でもド真ん中でフィーチャーされ、ビデオゲームを代表するキャラクターのひとつと言っていい「パックマン」ですが、1980年にナムコが最初のアーケードゲームをリリースされて、今年でついに40周年!

昭和40年男にとって、ミレニアム=2000年や、21世紀=2001年の到来よりもテンション上がったかも…という1980年は、’70年代から’80年代への転換点として、巷のノリが急激にポップになっていった大きな節目だったように思います。デジタル&ポップなパックマンは、まさに時代の風景を象徴する存在だったと言えるでしょう。

そんな特別な年であった1980年について掘り下げた『昭和40年男』vol.59「1980 秘められた謎?」特集号 では、同じく1980年生まれのルービックキューブやウォシュレットとともにパックマンも表紙に登場。開発者である元・ナムコ、現・東京工芸大の岩谷 徹教授へのインタビュー記事も掲載されております。

 

 

…っと、すっかり前置きが長くなってしまいましたが、何はともあれパックマン誕生40周年! めでたい!というアニバーサリーイヤーを記念して、インフォレンズから発売中のアップライトゲーム筐体型ハンディゲーム機「レトロアーケード」シリーズにニューアイテムが登場!

▲40周年を記念し、レトロアーケード『パックマン』シリーズとして新たに3モデルが登場!

すでに発売中の元祖『パックマン』に続き、「レトロアーケード『ミズ・パックマン』」と、携帯型の「ポケットプレイヤー『パックマン』」「ポケットプレイヤー『パックマン』」という3機種、そして、『パックマン』ロゴ入りの スマホ用グリップスタンド もあわせて、明日、2020年6月11日(木)より (奇しくも?『昭和50年男』最新号 vol.005 発売と同日!) 全国の家電量販店や通販サイトで順次発売となります。

う~ん、こりゃまた物欲をそそられてしまう~! とゲーム好きなら嬉しい悲鳴…!?
ということで、各商品の詳細や販売店などは以下をチェック!

 

●レトロアーケード <ミズ・パックマン>
『ミズ・パックマン』はもともとクローンゲームとして制作されたタイトルでしたが、権利元から承認を得て『パックマン』シリーズに仲間入り。バリー=ミッドウェイ社からの発売で、日本のアーケード用としてはリリースされませんでしたが、アメリカでは本家以上の人気!? になったという異色作。『パックマン』にさらなるゲーム性がプラスされた本作、腕に覚えのある人はゼヒ!

▲レトロアーケード <ミズ・パックマン>

 

●ポケットプレイヤー <パックマン>
お馴染み元祖『パックマン』と、3Dに進化した『パックマニア』、いわゆる落ちゲーの『パックパニック』の3本が収録されたパックマンファン必携のアイテム! パックマンのイメージどおり、イエローの本体デザインもキュートな仕上がりで、思わずポケットに入れて持ち歩きたくなる一品!

※一部法人にて先行で販売された商品の一般販売

▲ポケットプレイヤー <パックマン>

 

 

●ポケットプレイヤー <ミズ・パックマン>
タイトル作の『ミズ・パックマン』と、『マッピー』『スカイキッド』の3本を収録。『スカイキッド』は全体のコミカルな雰囲気とは裏腹に、様々なテクニックを駆使したプレイが要求される本格シューティングで、今なお高い評価を受けている名作です。独特な宙返りアクションや目まぐるしく変化するステージ風景、軽快で口ずさんでしまうBGMなどなど、魅力満載なゲームを手のひらサイズでプレイ!

▲ポケットプレイヤー <ミズ・パックマン>

 

●スマホ用グリップスタンド <パックマン>
パックマンのスマホ用グリップスタンドが登場! スマートフォンの裏側に取り付ければ、落下防止のグリップにも、動画視聴の際にも便利なスタンドにもなるというスグレモノ。グリップスタンド本体にあしらわれたミッドウェイ版キャラクターや、パッケージのデザインもイイ感じです!

▲スマホ用グリップスタンド <パックマン>

 

(以下、ニュースリリースより抜粋)

ゲーム関連商品を輸入販売するインフォレンズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:安川 洋)は、家庭用アーケード筐体型ゲーム機『レトロアーケード』シリーズより、レトロアーケード<ミズ・パックマン>、ポケットプレイヤー<パックマン>、ポケットプレイヤー<ミズ・パックマン>およびスマホ用グリップスタンド<パックマン>を6月11日から全国の家電量販店および通販サイトなどで順次販売開始することを発表いたします。


■レトロアーケード「パックマン」シリーズ

『レトロアーケード』シリーズは、1980年代にゲームセンターで大ブームを起こしたゲームの筐体をベースにデザインされた小型ゲーム機です。

小さいながらもしっかり遊べる製品に仕立てられて、「パックマン」「ギャラガ」などのバンダイナムコタイトルのほかタイトー・データイーストのゲームタイトルを含む13種類のシリーズ展開で現在国内累計出荷数が10万台を突破しております。

その中でもシリーズ一番人気の「パックマン」は子どもから大人まで世代を超えて愛されており、今年で生誕40周年となります。

このたびアニバーサリーイヤーを記念して新たに「パックマン」シリーズを3種同時発売いたします!

誕生から40周年を迎えてもなお、老若男女問わず長年愛され続けるゲーム「パックマン」。レトロで可愛い世界観は、パックマンを知らない世代の方々にも馴染み易く、楽しんでいただけます。操作方法も簡単なので、誰でも気軽にプレイできるゲームに仕上がっております。

 
【商品詳細】

●レトロアーケード <ミズ・パックマン>
本体サイズ: 高さ約174mm、幅101mm、奥行112mm
重量   : 310g
画面   : フルカラー2.75インチ
販売価格 : オープン価格
電池   : 単3乾電池 4本使用(別売) ※USBマイクロ端子での電源供給も可能
 
●ポケットプレイヤー <パックマン> <ミズ・パックマン>
本体サイズ: 高さ約67mm、幅136mm、奥行20mm
重量   : 180g
画面   : フルカラー2.75インチ
販売価格 : オープン価格
電池   : 単4乾電池4本使用(別売) ※USBマイクロ端子での電源供給も可能
 
●スマホ用グリップスタンド <パックマン>
本体サイズ: 高さ25.5mm、幅81.5mm、厚さ3mm
製造元  : dreamGEAR, LLC.

輸入・販売: インフォレンズ株式会社
 
 
【販売開始時期】
2020年6月11日より順次
 
【取扱店舗または法人】(五十音順)
OAナガシマ静岡本店
OAナガシマ浜松本店
OAナガシマ浜松西インター店
OAナガシマ志太店
コンピュータプラザZOA厚木店
コンピュータプラザZOA相模原店
パソコンの館金沢店
ソフマップAKIBA(1)号店 サブカル・モバイル館
ビックカメラアウトレット×ソフマップ 横浜ビブレ店
ソフマップAKIBA(4)号店 アミューズメント館
ソフマップなんば店
アキバ ソフマップ・ドットコム
ドン・キホーテ環八世田谷店
ドン・キホーテ上田店
MEGAドン・キホーテ龍ケ崎店
ドン・キホーテ名古屋栄店
MEGAドン・キホーテ箕面店
ドン・キホーテ長野駅前店
ドン・キホーテ八王子駅前店
MEGAドン・キホーテ武蔵小金井駅前店
ビックカメラ.com
スーパーポテトなんば店
スーパーポテトオタロード店
スーパーポテト秋葉原店
スーパーポテト池袋店
スーパーポテト名古屋店レトロ館
ブックマーケット砺波店
ヤマダ電機 LABI1日本総本店 池袋
ヤマダ電機 LABI品川大井町
ヤマダ電機 LABI1なんば
ヤマダ電機 LABI新宿東口館
ヤマダ電機 LABI1 LIFE SELECT 高崎
ヤマダ電機 LABI渋谷
ヤマダ電機 LABI三宮
ヤマダ電機 LABI津田沼店
ヤマダ電機 LABI LIFE SELECT 千里
ヤマダ電機 LABI名古屋
ヤマダ電機 LABI LIFE SELECT 自由が丘
ヤマダ電機 LABI上大岡
ヤマダ電機 LABI LIFE SELECT 立川
ヤマダ電機 LABI仙台    
ヤマダ電機 LABI広島
ヤマダ電機 LABI新宿西口館
ヤマダ電機 LABI新橋
ヤマダ電機 Concept LABI TOKYO
ヤマダ電機 LABI吉祥寺
ヤマダウェブコム
ヨドバシ.com
ヨドバシカメラ 新宿西口本店
ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba
ヨドバシカメラ マルチメディア横浜
ヨドバシカメラ マルチメディア川崎ルフロン
ヨドバシカメラ マルチメディア仙台
ヨドバシカメラ マルチメディア札幌
ヨドバシカメラ マルチメディア梅田
ヨドバシカメラ マルチメディア京都
ヨドバシカメラ マルチメディア博多
 
※店舗によっては一部取り扱いのない商品もございます。
※在庫には限りがございます。在庫については各店舗へご確認ください。
 
 
【レトロアーケードとは】
レトロゲームは昨年より世界的なブームとなっており、大手ゲームメーカーを中心に様々な機種が販売されております。本製品はゲームセンターに置いてあるアップライト型ゲーム筐体の色や絵柄をべースに外装をデザインし、2.75インチのモニターとコントローラーを搭載。当時のまま丁寧に再現された音と映像で、昔ゲームセンターで遊んだあの臨場感を思い出させてくれます。じっくりゲームにのめり込めるだけでなく、インテリアとしての存在感があり、コレクションとしても楽しめる製品です。
 
 
【インフォレンズ株式会社とは】
インフォレンズ株式会社は、dreamGEAR, LLC.のレトロゲーム機の正規輸入販売代理店です。このほか、マインクラフトの正規ライセンスグッズやVRグッズなど、世界各地からゲームやスマートフォン関連の先進的な商品を輸入・販売しております。

商号  : インフォレンズ株式会社
代表者 : 代表取締役CEO 安川 洋
本社  : 〒104-0032 東京都中央区八丁堀3-18-9 第二直平ビル6階
設立  : 2018年10月
事業内容: ゲームやスマートフォン関連商品の輸入販売
URL   : http://www.infolens.com
 
 
【dreamGEAR, LLC. とは】
dreamGEAR, LLC.は米国カリフォルニア州トーランスに本社を持ち、レトロゲーム機 (My Arcadeブランド) やゲーム関連アクセサリーを世界に展開する大企業です。
(c) BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*