フジサワ名店ビルにほっこり。

神奈川の友人からこんな写真が届いてほっこりしている。どれどれと調べてみると、藤沢駅前にある「フジサワ名店ビル」という7階建てのビルだ。このビル実は昭和40年生まれのタメ年とのことで、ビルの方によると55歳のおっちゃんのセリフとしてこのコピーを考えたとのこと。ふむふむ、小さく「ふう。」と書かれているのが55歳のおっちゃんらしい。僕も最近「よっこらしょ」と「ふう」をついつい口にしてしまう。

 

この垂れ幕は第2弾だそうで、第1弾は4月23日に「自粛は闘いだべ。」と掲げられたそうで、6月1日よりこれに変えられたとのことだ。「だべ」は中居正広さんがよく使うが、彼は藤沢市出身なんだとか。『湘南爆走族』でもよく使われていたな。地元の方々に向いているところが素敵じゃないか。このビル自体がかつては屋上観覧車があったとのことだから、地元における存在感はきっと大きいのだろう。

 

今、まさしくこのコピーどおりに転んでいる方は多くいるだろう。七転八起とは実にいい言葉だが、転んでいる時は誰だっていいなんて言ってられない。連日のようにおったまげた話が出てくるのもみなさん同様だろう。うんうん、ともかく頑張って早く起きたいものですな。

 

少々遠いが行ってみたい。藤沢といえば湘南江の島観光もできるし、第3弾が出たら訪ねてみるかな。期待したいのは、収束がもっとはっきりと見えた時に市民へと元気を促すようなコピーだ。55歳らしい言葉を僕も地元に向けて考えてみる。それにしても、はーっほっこり。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*