涙のSUPERFLY。

15歳の時からずーっと歌を続けていて、今も変わらず武道館と紅白歌合戦を夢見ているバカだ。その長い音楽ライフの中で、ここまで活動ができてないのは初めてのことだ。スタジオに入れなければ、30年近く続けている毎週のバーでの流しもできない。大好きなカラオケにももちろん行けてない。無い無い尽くしの中で、来るべき活動再開に向けて曲作りと僕としては珍しい曲のカバー(先日も中村雅俊さんの海を抱きしめてにトライ)、そして多くの曲を聴き込んでいる。お気に入りの古いものはもちろん、あまり触れてこなかったミュージシャンにも積極的に取り入れている。インプット量は中坊以降で最も多いかもしれん。

 

僕が男性シンガーなのはあたり前田のクラッカーであり、だから女性シンガーの聞き方は男性とは少々異なる。これまたあたり前田のクラッカーなのだが、女性になれないからゆえの畏敬の念が強いのだ。先日、そんな中の1人のスーパーフライのライブ映像を観た。去年の紅白で、僕がMVPとしたのが彼女だった。その彼女のライブ映像がコロナによる期間限定だろう、ユーチューブで観られる。2016年のライブだから、僕を号泣させた『フレア』は入ってなかったが、名曲がたくさん詰まった楽しい映像だった。演奏を支えるバンドも素晴らしすぎて、早く歌いたいぜときっと目がギラギラしていたと思う。

 

国民的歌手といったら誰か? たくさんの偉大なシンガーがいる中でやはり、美空ひばりさんでほぼ異論はあるまい。戦後を明るく照らしたというその背景もあるかもしれないが、あれほどの歌の神様はやはりおるまい。その彼女がいなくなって、久しくその高みに登るシンガーは出ていない。そう、ず〜っと思っていたところに、一昨年の紅白でその座を射止めたと思ったのが、桑田佳祐さんだった。紅白のトリで2曲を演奏し、最後をサザンのデビュー曲で締めたのは去年の『フレア』同様に号泣だった。「ついにっ!! 国民的歌手だーっ」と心の中で叫びながら、帯のような涙を流していたっけ。

 

そしてこのライブを観て、次に近いのがスーパーフライなのだと確信した。力強さとうまさがものすごく高いレベルで同居していて、素晴らしいバランスのシンガーだ。そしてどこまでも聡明なことが、高みを感じさせる。激しいロックを好むようなのだが、それでいてここまで聡明なシンガーを僕は知らない。国民的歌手なんて称号を本人は嫌がるかもしれないが、紛れもなく日本の宝だ。と、涙した夜だった。なんだか昨日のブルーインパルスの話といい、オイラ泣きすぎだな(泣・笑)。

2件のコメント

  1. 泣きすぎってこたぁないよ、編集長!
    Superflyも、ブルーインパルスも、
    感動したなら、素直に泣いて…

    泣いて泣いて…ひとり泣いてぇ〜♫
    あしたのガハハに繋げたらええやん。

    俺たち40年男は
    カウンタックやブルース・リーへの憧れだけで
    晩飯も女の子も忘れて
    夢中になれた世代なんやから。

    • ありがとうございます。いやあ、ホントひどいっす。大阪での再開時に涙を見せないように努力します。
      もう間も無くですね、天王寺秘密基地開催。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*