第62話 必殺技炸裂!! (1)

 
9月ももうすぐ終わる。
ガイドラインと方向性はほぼ完成したものの、
遅れが出ている企画もチラホラ。

この時点で14日発売の延期は決定しているものの、
ごく一部の人間にしか知らせていない。
10月5日を編集作業の最終日として進め、
寸前になったら延長を告白する。
するとその分だけ余裕を持って最終日を迎えられるという
恐ろしい技(?)だ。
以前にも新創刊で使ったことがあるが、
いやはや恐ろしい。

本当は予定通りいきたいが、実力不足なのだ。
この遅れはどうしようもない。
取次からのアドバイスを反映してリメイクもしたい。
いいものづくりへと向かっていく道程には、こんなこともある。
「えーい、編集長は俺だ」と、心の中で叫び、
しかも10月29日とずいぶんとマージンを取ったのだった。
 

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*