古いアルバムの中から。

ゴールデンウィーク進行でバタバタしている中で、特集に急遽2ページ追加しようと持ち上がり、タイトルどおりの行動に出た。まだ企画は明かさないが、編集部員の古い写真を集結させた見開きページを作っている。乞うご期待だ。お目当の写真が無事に見つかり、でもそうやってひっくり返すとあーでもないこーでもないと見てしまうものですな。で、見つけた僕のアイドル時代の写真を公開だ。ジャーン。

うそっ、こんな汚いアイドルはいません。でもかっちょいいから大きく表示しちゃったよ(笑)。ギタリストの使用ギターから記憶を手繰り寄せると、大阪の極貧ブルース生活を終えて、東京に活動を戻した直後の20~21歳の頃だろう。いよいよメジャーへと駆け上がろうと夢に向かって一直線の僕だった。そしてもう一枚、ドーン。

 

写真の相棒は高2で加入してきて、以来もつれるようにして生き、そして必死になって音楽を作った。中学で組んだバンドはメンバーチェンジを繰り返していき、この写真の時点で6人のオリジナルメンバーはベーシストと僕の2人になっていて、彼もこの後バンドを去った。それでもしつこい巳年は諦めず、メンバーチェンジを繰り返しながらやっと夢が叶う第一歩となるメジャーレーベルでのレコーディングが始まったら、なんとこの相棒がバックレやがった。それからしばらく音信不通になってしまい、レーベルへとつなげたメンバーの顔がつぶされたという結果だけが残った。そして僕は僕で、新しい相棒を探してやっていく気持ちにはなれなかった。滅多に物事を諦めない僕なのだが、ヤツと傾けた情熱をもう1度繰り返すのは無理だと、この時はそう思ってしまったのだ。

 

この事件からしばらくして、やっと連絡が取れるようになり何度か呑んだ。が、この時のなぜバックレたかは「いつか話す」とだけ繰り返すばかりで、とうとう真相は闇の中に葬られてしまった。ヤツはやがて首を吊った。

 

15年以上が過ぎた今も、その死は悔しくてならない。まったく消化はできていないが、写真を見つけてあの日にまるで戻れた気がした。そして僕の中で鮮やかに生き続けていることを再確認できた。こうして1本のマイクで歌った時のヤツから伝わってくる熱は、腕の中に残っているかのように鮮明だ。古いアルバムの中からあの日の熱に元気をもらった今日だ。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*