【S40News!】スバルがフランクフルトショーにニューモデルを出展。

富士重工業は、ドイツで9月15日より一般公開予定の第64回フランクフルトモーターショーに、ワールドプレミアとなる『SUBARUXV(スバルエックスブイ)』と、トヨタ自動車とのアライアンスとして現在共同開発中のFRスポーツ車の技術コンセプトモデル『SUBARU BRZ PROLOGUE-BOXER Sports Car ArchitectureII-』を出展すると発表した。

スバルXVは、UrbanAdventureをコンセプトに開発された新型クロスオーバーモデル。スポーティさとカジュアルさを併せ持ち、Cセグメントクロスオーバーマーケットに投入されるとされている。軽やかなプロポーションとクロスオーバーらしい存在感を両立したエクステリアデザインとされる本モデル。環境問題への対応が問われる現代において、このクロスオーバー系モデルは燃費への対策も強く問われる。新世代パワーユニットがどのような燃費性のを持つのか、期待されるところ。スバルのコア技術であるシンメトリカルAWDとSIシャシーが得意とするカテゴリだけに、どのようなモデルになるのか楽しみだ。ちなみに、なんとなくアルシオーネSVXを想像させるネーミングにどきどきしたりして。

一方の『SUBARU BRZ PROLOGUE』は、ボクサーエンジン(水平対向エンジン)を搭載した新しいプラットフォームをベースに、トヨタ自動車と共同開発を進めている新型FRスポーツカー「SUBARU BRZ」の技術コンセプトモデル。

昭和40年男にとって、レオーネ・レガシィ・アルシオーネあたりは忘れられないクルマたちだろう。これらの血脈を色濃く受け継いでいそうなこの2台は、どちらもスバルの今後を占う重要なモデルだけに、ショーでの反応が気になるところだ。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*