努力する者、夢語る。サボる人間、グチ語る。〜大編集後記。

 

東京は冷たい雨の土曜日だ。こんな日はビールでも呑みながら『昭和40年男』を隅々まで読んでちょうだいな。では今日も最新号のご紹介となる、大編集後記といってみよっ!! まず声高らかに申し上げる。泣けるぜ、森脇健児さんと。

 

昨日つぶやいた轟 二郎さん同様、その存在を知らぬ者はほぼいないだろうが、俺たちにとってスーパースターという存在では決してない。そう、今回の特集はど根性具合にフォーカスして、こだわりの人選をしたのだ。なもんで、このお2人以外にも、横浜高校で培った不良のど根性を貫いた愛甲 猛さん、モッズ魂を燃やし続けるザ・コレクターズ、相手の攻撃に耐えて耐え抜いたプロレスラーの越中詩郎さんといったラインナップだ。読めば読むほど、自分の中にあるど根性魂が再燃するというのが狙いである。

 

で、森脇さんなのだが、彼がこれほどまでに苦労していたのを知らなかった。だがそこから這い上がったからこそ絞り出せる、珠玉の言葉がある。今日のタイトルにした、ページ左にある大見出しだ。
努力する者、夢語る。サボる人間、グチ語る。
なんと素晴らしいのだろう。これは僕の好きな言葉集に入れさせていただくことにした、まさしくおっしゃる通りだとうなづいている。

 

走ることで自分を磨き、芸能界での居場所をつかんだど根性ストーリーは、きっと涙を誘うはずだ。ビールがどんどんうまくなり、明日は久しぶりに体を動かすか…、なんて気分になっていただければ幸いである。ぜひっ、読んで泣けっ!!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*