ノムさんの遺作は愛弟子エモやんとの共著!『超一流 プロ野球大論』3月11日発売開始【徳間書店】

先日惜しくもこの世を去った、元プロ野球選手・監督の野村克也さん。選手として三冠王をはじめとする輝かしい成績を持ち、ヤクルトスワローズ、阪神タイガース、楽天ゴールデンイーグルスの監督を務めた名選手であり名将でした。そのノムさんが選手兼任監督を務めた南海ホークスで共にバッテリーを組んで活躍し、引退後は解説者、講演会活動、参議院議員としても活躍した、エモやんこと江本孟紀氏との共著 『超一流 プロ野球大論』が徳間書店から、3月11日(水)より全国順次発売されます。

江本の舌鋒鋭い野球論を、 生涯一捕手・野村が巧みに受け止める。1975年 南海ホークスでのペナントレース以来、45年ぶりに再結成した黄金バッテリーが昭和・平成のプロ野球を語り尽くします!

『超一流 プロ野球大論』

以下、リリースより

2020年2月11日、傑出した1人の男がこの世を去った。27年間の現役生活では、南海ホークス、ロッテオリオンズ、西武ライオンズで、三冠王1回、MVP5回、本塁打王9回、打点王7回、首位打者1回、ベストナイン19回と輝かしい成績を残し、引退後は90年にヤクルトスワローズの監督に就任、98年までの在任期間中に4回のリーグ優勝、日本シリーズ優勝3回、99年~2001年には阪神タイガース監督、06年~09年、東北楽天ゴールデンイーグルス監督を務めた野村克也氏だ。一方、その野村氏が選手兼監督を務めた南海ホークス、その後、阪神タイガースへ移籍。現役中、開幕投手6回、オールスター選出4回、72年から6年連続200回投球と11年間活躍するも、「ベンチがアホやから野球がでけへん」の言葉を残して引退。その後は92年~04年まで参議院議員を務め、現在は野球解説者や講演会、執筆活動を続ける江本孟紀氏の師弟コンビが、45年ぶりにバッテリーを組んだ。
本書では、2人が現役時代の昭和から、監督、解説者として見てきた平成時代の名選手にフォーカスし、江本の「どこにいくかわからない舌鋒鋭い野球論」を野村が受け止め、「野球の神髄」や、“超一流” だから語ることが出来る、当時の「裏話」にまで、互いのプロフェッショナル論をぶつけ合った、プロ野球ファン必読の一冊となっております。そして、くしくも野村克也氏の遺作でもあります。

『超一流 プロ野球大論』

[著者] 野村克也 江本孟紀
[発売日] 2020年3月11日(水)より全国順次発売
[定価] 本体1,400円+税
[判型/仕様] 四六判ソフトカバー
[発売] 株式会社徳間書店
[商品URL]
http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784198650292
https://www.amazon.co.jp/dp/4198650292/
 
【本書の構成】

はじめに 野村克也

[INNING 1] 『野村教室』の最高傑作・江本孟紀
江本孟紀・伊藤智仁に見る「エースの資質」

<本書より>[INNING 1]「江本孟紀・伊藤智仁に見る「エースの資質」より

昔はチーム内、みんな仲がわるかった

[INNING 2] 長嶋、星野、落合の「監督の素顔」
野村克也は、長嶋茂雄を好きなのか?
なぜ落合博満はマスコミに冷たかったのか?
いつの間にか「阪神ファン」にクラ替えした星野仙一

[INNING 3] 監督たちへ
セ・リーグ
巨人・原辰徳 原動力は球団への強烈な「愛憎」
名監督・川上哲治に肩を並べる原監督

<本書より>[INNING 3]「名監督・川上哲治に肩を並べる原監督」より

DeNA・ラミレス 奇策に見え隠れする「勘違い」
阪神・矢野燿大 『矢野ガッツ』がチームを滅ぼす?
広島・緒方孝市→佐々岡真司 「鉄拳」から「癒し系」に?
中日・与田剛 7年連続Bクラスから脱却を
ヤクルト・小川淳司→高津臣吾 「野球の奥深さ」を知る男

パ・リーグ
西武・辻発彦 「守備の人」が見せた意外な采配
ソフトバンク・工藤公康 「3軍制システム」の勝利?
楽天・平石洋介→三木肇 「石井GM」に感じる「時の移ろい」
ロッテ・井口資仁 163キロ新人、FA2人。20年正念場
日本ハム・栗山英樹 球団最長政権の行方
オリックス・西村徳文 すぐ代わる監督人事。はたして来季は?
現12球団中、『野村チルドレン』の監督じつに5人

[INNING 4] 野村&江本が選ぶ「歴代・平成ベストナイン」
歴代先発投手/歴代抑え投手/歴代捕手/歴代一塁手
歴代三塁手/歴代二塁手/歴代遊撃手(守備編)
歴代遊撃手/歴代外野手
平成先発投手/平成中継ぎ投手/平成抑え投手/平成捕手
平成一塁手/平成二塁手/平成三塁手/平成遊撃手
平成外野手/平成DH/野村の教え子ベストナイン

[INNING 5] 日本野球の超スーパースター
現在スターと言える「意外」な日本人選手
制球すぐれる平成の大投手・田中将大、上原浩治
菅野智之はスーパースターまであと一歩

[INNING 6] ここがヘンだよ日本球界
『丸ポーズ』『グータッチ』の違和感
解説者にも投票権を。新人王は村上でなく、近本だ!
「監督で儲ける」阪神の経営システム
メジャー流出による日本球界の空洞化
「MLBの球数制限100球」が高校野球に波及
「規定投球回到達投手」は絶滅の危機
イチロー氏の「球数制限」論

[INNING 7] 今こそ明かそう、あの真相
馬の耳に念仏だった、長嶋一茂
『ID野球の申し子』古田に2時間の正座説教
「ベンチがアホやから野球がでけへん」の原因は野村監督
わが愛しのサッチー
追悼「400勝投手」金田正一

[INNING 8] 12球団それぞれの前途
セ・リーグ
巨人 坂本勇人が「歴代遊撃手の最多出場」に迫る
DeNA 日本人大砲・筒香嘉智の穴埋めがカギ
阪神 鳥谷敬への戦力外通告はやむなし
広島 鈴木誠也はアベレージヒッターのほうが活きる
中日 大野雄大「ノーヒットノーランの運」の行方
ヤクルト 村上宗隆よ、ライト方向に引っ張れ!
パ・リーグ
西武 「小さな大打者」森友哉が有利なワケ
ソフトバンク 野村が昔の自分を重ね合わせる、甲斐拓也
楽天 「セーブ王」松井裕樹の先発転向は吉か凶か?
ロッテ 鈴木大地のFA流出は痛恨
日本ハム 有原航平と大田泰示はさらに化けるか?
オリックス 弱冠22歳、山本由伸は近未来の日本のエース
クライマックスシリーズ、日本シリーズ、セ・パ交流戦
ソフトバンクのポストシーズン10連勝は必然
「ソフトバンク孫さんズ」にチーム名変更?
短期決戦の「戦略」と「戦術」
セ・パともにDH制で戦力均衡を図れ

[INNING 9] 「我が恩師」野村克也
広島第1期黄金時代は「ノムラ野球」だった
ONとの切っても切れない関係

おわりに 江本孟紀

【著者:江本孟紀 氏 コメント】

この本は、去年の夏から秋にかけて、野村監督と僕がなんども一緒に収録を重ねたすえにできあがった一冊です。
それまでも野村監督と一緒にお仕事をさせていただく機会はありましたが、ここまで濃密に話し込んだのは初めてです。そして、それが野村監督との最後の仕事になりました。この本の原稿確認が終わった数日後の2月11日に野村監督は亡くなりました。ですから、訃報を知ったときはもちろんショックでしたが、それと同時になんとも言えない不思議な気持ちになりました。
野村監督のご自宅に弔問にうかがうと、野村監督は、ヤクルトのユニフォームを着て、昼寝をするように「寝て」いました。『生涯一捕手』──座右の銘通り、やはり野村監督はスーツ姿より、ヤクルトのユニフォームがお好きだったと再認識した次第です。
最後にこうして野村監督と共著を出版できるのも、きっと『野球の神様』が引き合わせてくれたのだと思います。 改めて「野村克也」という人間をひとことで表現すると?
あの人は野球以外考えていなかったですからね。不器用なんでしょうね。例えば人間に「自分の人生の円」があるとしたら、「野村克也という円」の中には、野球1つしかなかった。政治だとか、ほかのこと、興味なかったんじゃないですか。僕ら、あちこちから、いろいろな雑音が入ってくると気になってしまうけど、野村監督はそういうこともなかったでしょう。
野村監督は、野球があれば幸せな人。ほかのことを考えなくて生きてこられた人。そういう意味で『野球幸福人』でした。
いま野球はどんどん変わってきています。変わること自体は悪くない。むしろ時代やテクノロジーに即して野球は変わるべきでしょう。しかし、それが本質を損なう、いびつな変化であってはいけません。本質を損なえば、それはたちまち単なる形骸化に堕落するからです。これは野球に限ったことではないですが、形骸化したものにはなんの魅力もない。
われわれ現役を退いた野球人の使命は、「野球の神髄」を後世に伝えることです。プロフェッショナルとはなにかを伝えることです。野村監督との最後の共著になった本書は、その一翼を担うものだと思っています。
この本で使う写真の撮影時、カメラマンからわれわれ2人に「決めポーズ」のリクエストがありました。「腕を組んでいただけますか?」との問いに野村監督は勘違いして、恋人のように僕に腕をからませてきました。胸の前での「腕組み」のことなのに(笑)。野村監督の照れた表情が何とも言えずチャーミングでした。
『野球幸福人』野村克也は、自らが大好きな野球をプレーしたこと、指導してきたことで、周囲の『野球人を幸福』にしてきました。
最後に。『生涯一捕手』野村監督は言わずもがな偉大な捕手でした。そして、野村監督に見いだされて通算113勝をあげた僕も、まずまずの「エース」だったでしょう。 ──われわれは『黄金バッテリー』でしたよね。ねえ、野村監督。

【著者プロフィール】

野村克也(のむら かつや)
1935年京都府生まれ。京都府立峰山高校卒業。54年、テスト生として南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)に入団。3年目でレギュラーに定着すると、以降、球界を代表する捕手として活躍。70年には南海ホークスの選手兼任監督に就任し、73年にパ・リーグ優勝を果たす。78年、選手としてロッテオリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)に移籍。79年、西武ライオンズに移籍、翌80年に45歳で現役引退。 27年間の現役生活では、三冠王1回、MVP5回、本塁打王9回、打点王7回、首位打者1回、ベストナイン19回と輝かしい成績を残した。三冠王は戦後初、さらに通算657本塁打は歴代2位の記録である。 90年、ヤクルトスワローズの監督に就任。低迷していたチームを立て直し、98年までの在任期間中に4回のリーグ優勝(日本シリーズ優勝3回)を果たす。99年~2001年、阪神タイガース監督。06年~09年、東北楽天ゴールデンイーグルス監督。 著書に『野村ノート』『野村の流儀』『エースの品格 一流と二流の違いとは』『野村再生工場 叱り方、褒め方、教え方』『野村克也 野球論集成』など。
2020年2月、逝去。

江本孟紀(えもと たけのり)
1947年高知県生まれ。高知商業高校、法政大学、熊谷組(社会人野球)を経て、70年に東映フライヤーズ(現北海道日本ハムファイターズ)に入団。以降、南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)、阪神タイガースで活躍。81年、「ベンチがアホやから野球がでけへん」の言葉を残して現役引退。プロ通算11年、余力充分のなか球界を去った。 プロ通算成績は113勝126敗19セーブ、防御率3.52、開幕投手6回、オールスター選出4回。72年から6年連続200投球回。 92年、参議院議員初当選。2001年1月には参議院初代内閣委員長就任。2期12年務め、04年、参議院議員を離職。 現在は、野球解説、講演会、執筆活動などを通じて、野球界の底辺拡大と発展に力を注いでいる。 著書にベストセラーとなった『プロ野球を10倍楽しく見る方法』をはじめ、『僕しか知らない星野仙一』『野球バカは死なず』『変革の檄文! プロ野球を100倍楽しくする方法』『人生9回裏の戦い方』など。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*