54歳の赤鬼さんと67歳の青鬼さん。

54歳にもなってこんなことやってるとは、人生ってのはつくづくわからんものだ。隣の青鬼さんなんか67歳なんだから、ますます摩訶不思議な人生である。昨日は読者の集い『浅草秘密基地』で、初の豆まき大会を敢行した。舞台となっている浅草『FIGARO』のマスターが青鬼に、僕が赤鬼担当で2人ともその色のシャツをパシッと決めて臨んだのだが、昨日は惜しくも貸切にできるだけの参加者が募らず、青鬼は代打を立てて活躍してもらった。

 

さてこの2人、冒頭に書いたようにかなり年寄りだ。マスターの還暦を騒いだのがつい昨日のことのようなのに、僕ももう見えてきてしまった。出会ったのは30年近く前のこの2人、今考えるとずいぶん若かった。そしてよくぞこの腐れ縁が続き、さらに雑誌のミーティングの場として10年に渡り提供してくれているのだからすごい。そう、『浅草秘密基地』はもうすぐ10周年を迎えるのだ。

 

雑誌とこのつぶやきが去年10周年を迎えて、秘密基地が4月に10周年を迎える。当初はお客さんが誰も来ない状態が続き、関係者以外の初来場は約2ヶ月を要した6月の初旬だった。今もちょくちょく顔を出してくれる伊藤さんで、胸板の厚さと腕の太さで番長というニックネームで通っている。その後、少しずつではあるが来客は増えてきたが、10年後には武道館で開催を目標にしてきた秘密基地だから、ちょっと苦戦と言っていいだろう(笑)。とはいえ、博多に飛び火したり『FIGARO』を貸切にできる日があったりと、微々たるものだが力は付いてきた。ここからは加速させて武道館の夢は捨てないでいきたい。

 

さて、記念すべき第1回が開催されたのが2010年の4月6日だ(関係者だけだったが)。おっ、今年もバッチリ4月6日は月曜日じゃないか。相変わらず持ってるぜとニヤリとした僕で、こいつは祝宴といこうじゃないか。今すぐ、手帳に書き込んでくれっ。

 

昨日は初参加者が2人いて、いじりいじられながら互いに過ごした。僕に豆をぶつけた直後の集合写真

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*