桂木 文ちゃんが永遠のアイドル!!

つい先日カラオケで歌ってみた。いやあ、しっかり覚えているもので、ワンコーラス目は歌詞を見ないでいけるね

昨日アイドルについてつぶやいちまったせいで、あなたのことが頭から離れないんです、文ちゃん(笑)。ブラウン管の中で最も愛した女性だ。デビューとなった『ムー一族』を僕は見ておらず、歌手としても注目していなかった。ほぼ知らなかったと思う。当時大好きだったマンガ作品の『翔んだカップル』がテレビドラマになり、紙の中のアイドル山葉 圭ちゃんを演じたことで僕の恋心に火がついた。キスの味なんかまだ知らないガキに、レモンパイの味なんだと教えてくれた主題歌も、桂木 文さんへの恋心とセットになっている。

 

高校に入ると聖子ちゃんカットであふれていたクラスメイトに恋をするようになった。中学の時よりも大人の階段を登ったのか、恋は激しく燃える。でもシャイな僕は告ることができずに、いつも悶々としていたのさ。そんな時期だから、ブラウン管の中にアイドルを見出さなくなった。聖子ちゃんも明菜ちゃんも歌手としてしか見ておらず、恋心なんてなくなってしまったのだ。それほど、同級生たちに強く恋していた。

 

テレビドラマの『翔んだカップル』はドタバタ感がよかった。そのなかでいたずらっぽく微笑む彼女にキュンキュンしていた僕だ。あの番組ってとてつもなく素人感があって、数々の冒険をしたのだろうなと記憶に残っている。便利な時代で、ユーチューブに結構あがっているじゃないか。やっぱりとんでもなく素人感があり、あたたかい感じがしてよい。番組ラストにNGシーンを流していているのも画期的で、これによってますます文ちゃんが身近に感じられて恋心はさらに強くなったのだ。最終回のシーンもユーチューブで見られたけどうるっときてしまい、まるで中坊に戻った気分だ。

 

しばらくアイドル不在の時代が続いた僕の人生だったが、大人になってから1人現れた。「寅さん」とささやく大原麗子さんで、少し愛して、なが〜く愛してのCMにもキュンとして、久しぶりにブラウン管のなかに恋心をいだいた。それにしても、文ちゃんと麗子さんとはなんとも無節操な僕ですな。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*