一日3食規則正しく食べなくていいの?の巻

朝・昼・晩、一日3食を規則正しく食べることが健康の基本であると通説のように言われてきましたが、近年はどうもその考え方もちょっと変わってきているようです。

〇〇ダイエット、〇〇健康法、〇〇が効く…1970年代以降、食生活が豊かになり始めるといろいろなブームがありましたが、今ではすっかり影をひそめてしまったものもたくさんあります。かつては身体にいいと言われてたことも、研究の進歩でかならずしもそうではないということに変わっていたり、食に関することについてはさまざまな情報にアンテナを張りめぐらせていないと、「時代遅れな健康法を続けていた!」なんてことになっているかもしれません。果たして、一日3食、規則正しく食べなくていいとは、一体どういうことなのでしょう。

朝起きたら朝食を食べ、お昼休みになったら昼食、仕事が終わって帰宅したら夕食。日中働いている人の多くはきっとこんなパターンだと思います。休み時間がきっちりと決められている場合、「お腹が空いたら食べる」というよりも、「食事の時間になったから食べる」ということを余儀なくされているというのが実態でしょう。好き勝手な時間に食事はできないという方が多いと思うので、これはあくまでも「それが許されるなら」という前提のお話しということで読んでいただければ幸いです。

お腹がすいていないのに食べるから太る!

まず知っておきたいのは、一日3食を規則正しく食べることが大事なのではなく、一日に必要な、そして適正の量の食事を取ることが重要なのだということです。お腹が空くということは、身体がエネルギーを要求しているというサインであり、お腹が空いていないということは、そのエネルギーが足りているということ。エネルギーが足りていて空腹でもないのに食べると、当然余った分は脂肪になって蓄えられ、肥満、ひいては生活習慣病につながってしまいます。勤務中はお昼休みが決まっているから、時間になったら昼食というのは仕方のないことですが、逆に考えると、その時間にお腹が空くくらいの量で朝食をコントロールすればいいということに気づきます。一日の始まりだからしっかり食べるというのももちろん大事ですが、普通に考えると朝食から昼食までの時間は昼食から夕食までの時間よりは短いという人が多いと思います。夕食後は寝ることを考えると、やはり昼食をしっかり食べ、他は食べ過ぎない程度にコントロールするというのが、日中働いている人が現実的に実行できる食生活パターンかもしれません。

以前、本誌の連載「健康講座」で取材をさせていただいた先生(偶然にも昭和40年男でした!)で、食事は一日1食しか取らないという先生がいらっしゃいました。お腹はすかないのですか?と聞いたところ、お腹が空いた時はナッツやドライフルーツなどをちょっとつまむ程度だとおっしゃっていました。もちろん、お茶などの水分はしっかりと取っているとのことで、いたって健康でスリムな身体を維持していて、実年齢よりとても若く見えます。そう考えると、一日3食を規則正しく食べるということは、実は気がつかないうちに食べすぎてしまっているのかもしれません。ちなみに、私は昼食しっかり派です。朝は少量のシリアルとヨーグルトが定番で、お昼は野菜多めのお弁当、夜は帰宅が遅くなった時は、ご飯なしで長生きおみそ汁と納豆だけとか、もしくは食べないということもよくあります。あまりに空腹だと眠れない気もするので、何かしら口にしますが、翌日にひびくので食べ過ぎることはありません。

休日にトライ!「お腹の声」に耳を傾ける

私は休日ゆっくり起きた時は、朝食兼昼食で、午後小腹が空いたらおやつを食べ、夕食は7時か8時頃に軽めに食べるという感じで、「お腹が空いたら食べる」を自然と実行しています。お腹が空いたな、という自分の身体の声に耳を傾けると、エネルギーの摂取量は自ずと適正量になるという気がします。もともと食べることにあまり執着がないので、本当にお腹が空いたなぁと感じるまでは、食べ物のことは頭に浮かばなくて、いちばん返答に困る質問のひとつが「なに食べたい?」(笑)

規則正しく食べることを心がけてきた人にとっては青天の霹靂とも言える話ですが、ぜひ皆さんも、休日などの時間に縛られない日には、「お腹が空いたら食べる」を実行してみてはいかがですか? そうすることによって、普段の食べ過ぎに気づくことができるかもしれません。おさらいになりますが、普段の日も、昼食時間にお腹が空いたなぁという感覚で食べられるように、前日の夕食も思い出し、朝食のバランスを考えて食べましょう。一日3食を規則正しく食べるということが必ずしも大事なのではないそうですから、一日の中で適正なエネルギーと栄養素を摂取することを心がけてみて下さい! 1日単位で適正な量をコントロールするのが難しい人は、3日単位、1週間単位でコントロールしてもいいかもしれません。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*