高品質な“遠近両用レンズ”の翌日納品を実現! 新サービス「24G」を2月10日から開始 【三城(PARIS MIKI)】

1930年創業し、73年にフランス・パリへの出店をきっかけに今では世界14の国と地域に業務を拡大しているメガネ専門店パリミキでお馴染みの株式会社三城が、イスラエル SHAMIR社との業務提携に伴い、2月10日からイスラエルの最先端技術を導入した新サービス「24G」(トゥエンティー・フォー・ジー)を開始します。

前日14時までに注文すれば、遠近両用レンズを翌日に納品するというこのシステム。1週間以上かかっていた遠近両用レンズの加工を最短で約2時間、フレーム枠入れまでを約3時間で完了するという驚きの速さです。さらに、遠近両用だけでなく、近視、乱視、ブルーライトカット、偏光レンズなども翌日納品に対応しています。

「次の出張までにほしい!」「急にメガネが壊れてしまった!」なんていう方にもうれしいシステムです。そして、昭和40年男世代の皆さん! メガネを作るのが面倒で、ずっと合わないメガネをかけたりしていませんか?そんな方でも、翌日届くのなら早速作りたくなるかもしれませんね! 

■価格:単焦点レンズ 3万円~(税抜):遠近両用レンズ 4万円~(税抜)

アンバサダーはお笑い芸人のダンディ坂野さん

以下、リリースより

遠近両用メガネは、できるまでに時間がかかる。そんな常識を覆すのが、「24G」です。世界の光学テクノロジーをリードする、SHAMIR社とのコラボレーションで、今までにない、圧倒的な納品スピードを実現しました。遠近両用をはじめ、近視・乱視・遠視用レンズやブルーライトカット・偏光レンズなどの翌日納品を可能にしました。

日本人は眼鏡レンズに対し、世界でもより繊細なニーズをもっています。「24G」のレンズは、SHAMIR社の世界最高峰のテクノロジーと品質に加え、厳しい日本基準に合わせてカスタマイズ。三城が推進する「Made in JAPAN project」、「Visual Life Care」と合わせ、MADE IN JAPANの“本当にお客様がほしいメガネ“のプロデュースをめざします。

日本では海外工場での一括加工が一般的ですが、新サービスでは、東京都の葛西にラボを置き、完全受注生産でレンズを加工。日本製のフレームに統一したプライベートブランドの商品展開「Made in JAPAN project」とあわせて、日本人がメガネに対して求める繊細で高い品質を実現するサービスです。

「24時間」で遠近両用レンズを翌日納品
従来はできあがりまで1週間以上かかっていた遠近両用レンズを翌日に納品。旅行前にすぐほしい。使っていた眼鏡が壊れてしまった。そんな、お客様の「困った」にお応えする新サービスです。トップメーカーのスポーツサングラスなど、メーカー加工で1週間以上かかっていたものでもラボにて加工、翌々日にはお届けが可能です。

※ラボへのフレーム配送に1日、加工~お届けに1日かかります。
※形状により対応できないものもあります。

「イスラエル発」最先端技術と提携した日本初のサービス
「中東のシリコンバレー」であるイスラエルに本社を置き、高性能な眼鏡レンズ設計を手がける世界でもトップ企業のひとつ、SHAMIR。同社が開発した高性能特注眼鏡レンズの翌日納品サービスを日本国内で展開する独占的権利を三城が取得、日本市場に向けて共同開発を進めてきました。

SHAMIR社
最先端技術と厳格な品質保証を誇る眼鏡レンズの世界的大手メーカーのひとつです。1972年に設立され、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパを中心に世界22か国でグローバル展開。累進レンズメーカーではトップ10にランクされています。遠近両用レンズを翌日納品するサービスは、カナダ、イタリア、フランス、ポルトガル、シンガポール、ニュージーランドで展開。日本では「24G」が初のサービス開始となります。

■サービス対象店舗:東京都内の三城 指定店舗(順次拡大予定)

 

 

1月29日に行われた記者発表。澤田将広:三城社長(左)とヤゲン・モーシェ:シャミール社CEO

会社概要
会社名:株式会社 三城
設立:2009年1月15日
代表者:代表取締役社長 澤田 将広
資本金:1億円
事業内容:眼鏡およびその関連商品を主に取り扱う眼鏡専門店チェーン
URL: https://www.paris-miki.co.jp/  

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*