表紙で振り返る令和元年~その九。

さあ、今年も頑張るぞーっと仕事始めの今日だ。去年より続けてきたこのシリーズもついに11月まで来た。2冊連続でお届けした10周年記念号は前号とは打って変わってスッコーンと抜けた軽さがいい。このコンビは未来永劫、10周年記念セットとして語り継がれ、きっとプレミアがつくはずだ。両方ともまだ在庫が残っているから、投資したい方はぜひっ(笑)。

 

日本刀を我々に向けた藤岡弘、さんの表紙の次が鈴木英人さんのイラストとは、同じヤツらが作っているとは思えない。フッフッフ、雑誌とはこれでいいのだ。作っているあらゆる場面で、僕は雑誌の“雑”の字を大切にしている。今回の10周年セットでも、それを強く意識して真逆の本を作りたいと、うちの編集部では珍しくかなり早い段階でこの2つの特集は決めていたのだ。だが、刀でポーズを決めてくださるなんてことは想定外のうれしさで、もちろんイメージはピッタリだった。

 

それを受けたアメリカ特集には、歴史やイデオロギーは無しで作り込んだ。タイトルにした通り、“夢見た! 真似た! 背伸びした!!ー遥かなる憧れの地”のままに作ることに徹した。が、特集冒頭の扉ページにちょっとしたメッセージを入れ込んでしまうのは、やっぱり置きに行きたくないと自分がありありと出ている。まっ、その辺はよーく読み解いていただきたい。

 

巻末では記念号らしく“昭和40年男が歩んだ10年”として、これまでの表紙をすべて並べながら4章に分けてみた。この分け方が我ながらうまくいって、本当はそれぞれ見開きくらいで作りたかったのだが、こうした編集長のマスターベーションページは調整弁にされやすく、結局8ページの予定が4ページになっちまった(泣)。いいんだいいんだ、15周年でリベンジしてやる。増ページお値段据え置きのこの1冊にて、10周年の騒ぎを打ち上げたのさっ。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*