表紙で振り返る令和元年~その七。

あけましておめでとうございます。今日もぶっ飛んで楽しみましょう。俺はとにかく呑みます。箱根駅伝を肴にペースを緩めることなく呑みます。

 

発行ペースも緩めなかった令和元年だ。8月の総集編はご覧の通り、音楽モノで固めた。俺たちの時代のラジカセやオーディオの発展は、まさしく日進月歩に感じられた。次々と新しい技術が投入されては、魅惑を放つニューモデルが投入される。レコードやカセットといったアナログメディアの再生時代だから、音の差異が作りやすかったのかもしれない。とにかくやっちまえ的なメーカーのパワーであふれていた。

 

ハードだけでなく、そのソフトにあたる音楽そのものも地殻変動を起こしていた。新しい音楽を模索する才能が、巨大になる一方のマーケットに集まったのだ。豊かな才能が次々と花開いては俺たちに提供された。自然と新しさを求めながら音楽を楽しみ、もっと新しい音を求めてラジオにかじりついた。そのラジオもいい音で聴きたいから、やはりハードは次々とニューマシンが送り込まれた。いやあ、百花繚乱時代だ。

 

9月には本誌で、僕は5月にリリースした『俺たちのお母さん』特集以上の勝負に出た。結論から言えば、この本も同様に苦戦を強いられたのだが、それ自体はあり得ると覚悟しつつも挑んだ。編集部から反対意見も出たほどだ。それでも僕は暴走族のリーダーのごとくアクセルを緩めなかった。

 

還暦は俺たち世代にやがてやってくる大きなテーマだ。70歳まで働くとか、年金支給がどうだとかやたらとやかましい世の中で、俺たちは俺たちらしい還暦を作ろうとの提案だったのだ。迎えるその年が昭和100年というのが、なんだか見事にハマる。だから昭和40年男の僕は『還暦上等』を1つのスローガンと捉え、今後育てていきたいと思っている。

 

そんなチャレンジングなことを10周年記念号で実施できたことは、手前味噌ながらうれしい。大騒ぎの10周年にしたかったから、僕は目一杯騒いだ。それを置きに行かないようにと心に誓っていたから、こうして記念号を打ち込めたことに“らしさ”を強く感じている。令和2年もこうしたチャレンジングな本づくりの手は緩めない。あっ、くどいけど今日の酒もねーっ!!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*