もっともっと楽しむ!新型「ハスラー」1月20日発売!先行予約受付中【スズキ】

スズキから、クロスオーバーSUV (CUV) タイプの軽乗用車、新型「ハスラー」が、初代から大きく進化して、2020年1月20日より発売される。2014年の発売から6年。およそ47万台を販売し“軽クロスオーバー”というジャンルを確立したスズキ・ハスラーが従来モデルから設計を大幅に進化させ、より楽しくより安全に遊べる1台として登場する。

ボディが精悍なイメージに!中も外も広くなった

新型は全高が15mmアップ、ホイールベースが35mmロングに、そしてロングルーフ化するなど全体的に大型化。それに伴い室内もよりゆとりのある空間が実現された。大人が4名乗車した状態でも窮屈に感じることはないだろう。また、「タフ、力強さ」をコンセプトとしているためSUV色も強まり初代と比べると、精悍で“ゴツい”という印象が深まっている。

使い勝手がいいインテリアスペースとスタイリッシュなインパネ

遊び心の強いデザインが盛り込まれたインテリアも進化。9インチHDディスプレイを採用したナビが目を引くが、メーターもカラー液晶に。(スズキ軽自動車初搭載)メーカーオプションナビと連動してメーターにもナビが表示されるなど、より運転に集中することができるようになった。また、各所に配された収納スペースも従来より容量がアップしていたりするため使い勝手の幅が広がっている。

安全面の向上も大きなポイント!

軽自動車で懸念されるのがやはり安全性。コンパクトなだけに気になる人は多いだろう。しかし今回の新型は特にその点を重視し、前方後方ともに視界を広げていたり、“スズキ セーフティ サポート”と呼ばれる事故そのものを未然に防ぐ予防安全技術を搭載している。昨今話題にあがりやすい踏み間違いによる事故を回避する誤発進抑制機能やブレーキサポート、ふらつき警報機能などがそれだ。そしてスズキ軽自動車初搭載となるアダプティブクルーズコントロール(先行車との距離を測定し設定した車間距離を加減速や停止まで自動追従するシステム)、車線逸脱抑制機能(左右の区画線を感知して不自然な車線の逸脱がないようステアリング操作をサポートする機能)※など、仮に長距離運転などで疲れた状態でも安全面をサポートしてくれる機能が充実しているのだ。※ターボ車のみ搭載
軽量ながらも衝撃を効率よく吸収・分散するボディ(TECT)を採用していて、同時に衝突した相手へのダメージも極力軽減するための構造にしている。さらに全方位に剛性を高め快適に走行できるボディにするなど、心地よく安心安全に走るための構造で作られているのも非常に大きいポイントだろう。

 

日常・非日常、どっちで使っても新型ハスラーは楽しい!

防汚タイプのリヤシートと取り外し可能なラゲッジフロアは先代から継承。“雑”に扱っても構わない感じが遊び感を演出してくれる。日常の買い物はもちろん、キャンプやBBQ、横乗り系アクティビティ、トレッキングやサイクリングなど趣味に応じて車内レイアウトを変更して使えるので、個人でも家族でも楽しめる仕様となっているのはうれしいポイントだ。

 

カラーリングやパターンも多彩で自分好みにカスタマイズOK

幌車をイメージしたようなツートンカラーやアウトドアテイストの強いカラーなど全部で11種類がラインナップ。インテリアカラーも選べ、オプションではフロントグリルや各部のデカールなど、カスタマイズの楽しさも用意されている。公式サイトでは3Dでのシミュレーションでカラーやオプション品をチェックできるので、試してみるのもいいだろう。

 

【価格】
HYBRID G /2WD  136万5,100円
HYBRID G /4WD  149万9,300円
HYBRID Gターボ /2WD  145万9,700円
HYBRID Gターボ /4WD  159万3,900円
HYBRID X /2WD  151万8,000円
HYBRID X /4WD  165万2,200円
HYBRID Xターボ /2WD  161万2,600円
HYBRID Xターボ /4WD  174万6,800円

【問い合わせ】
スズキ お客様相談室
0120-402-253
https://www.suzuki.co.jp

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*