長野で至福のお仕事!!

スタジオのあるビルから市街をパチリ

毎週火曜日に電話出演させていただいている、SBC信越放送のラジオ番組『らじカン』の、今日はスタジオにお邪魔してきた。いつも公式サイトを開いて、お相手をしてくださる2人の顔を眺めながら話してきた。なんだか妙な距離感と親近感が同居していたが、めでたく令和元年のうちにお会いすることができた。ご担当の方とも、いつも電話とメールでやり取りしてきたが、やはり会えるのはうれしいものだ。

 

長野県は教育レベルが高く、真面目な県民性で知られる。そこで毎週、電話とはいえ生でしゃべるのはそこそこの緊張がある。なんてったってこの僕だ。放送禁止用語を日常的に使っているこの僕だ。よくぞクビが飛ばずに続けてこられたものだ。毎週、雑誌にちなんだPRトークもさせてもらっていて、そんな感謝を込めて浅草で舟和の芋羊羹を買ってスタジオ入りした。

 

これまで続けてきた電話だってアナログなつながりで楽しいが、同じ空気を共有することはそれまでと全く異なる関係を作れる。これを僕はいつも求めているし、仕事全般もやはりこの関係性を究極として積み上げている。雑誌というリアルも、読者さんと紙の感触を媒介にしてつながっているのだ。これらのつながりの気持ち良さは未来永劫変わらないと信じているから、なんの心配もなく仕事に打ち込める。

 

年の瀬にこんな素敵な時間を過ごせたことは本当にありがたい。しんどいばかりの日々で、やっとの一歩を踏み出しながら歩んでいると、こうして人と人との特上のつながりを連れてきてくれる。それを知っているから、また明日もやっとの一歩を踏み出すんだ、ゼエゼエ。いい1年だったと令和元年を締めくくれる、そのひとつをいただいた至福の時間だった。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*