楽しかった10周年マンスリー!!

高校の後輩が、浅草秘密基地でお祝いを差し入れてくれた

自分の中で“炎の3ヶ月”とタイトルして、9月から騒いできた10周年マンスリーが今日で幕を閉じる。『還暦上等』で幕を開けたわけだが、この本の評価は微妙な感じだ。『昭和40年男』雑誌の読者さんは、こういう特集をする雑誌だと受け取っていない方が多いのだろう。が、作り手サイドにとっては、“明日への元気と夢”を満載にして作ることだ。懐かしいネタから得る温故知新のスピリットが『昭和40年男』なら、明日へ向かってどう生きていくべきなのかを共に考察するのも『昭和40年男』なのだ。

 

『還暦上等』は、外部スタッフを含めた編集会議でも物議を醸した。一同、難しい顔をしながらも懸命にアイデアを出してくれたおかげで、僕の想像を超えた出来栄えになった。10周年記念号の1発目でこうしたチャレンジができたことにも胸を張っていて、置きにいかない俺たち編集部だと、高らかに宣言できたとも思っている。今後は『昭和40年男』から少しずつ離陸させることを目指していて、僕にとってはひとつの創刊だったのだ。さあ、これからどうしてくれようとワクワクしている。

 

加えて、リアルにバースデーマンスリーの10月には『昭和50年男』をプロデュースできた。『昭和40年男』の創刊時より、他の年齢にもトライするのは念願だった。夢は全年齢の本をぶら下げることなんだと描いた。そのファーストアタックとなるのは、昭和50年あたりと定めてずーっと調査を続けていた。が、なかなか一歩を踏み出せないままに月日だけが過ぎ、念願はいつしか悲願に変わっていた。が、なんとかこの10周年にひっからめてやり遂げることができて、現在はvol.2の作業がまさに追い込みになっている。

 

総仕上げが、現在書店を賑わしている11月発売の『俺たちのアメリカ』だ。インナーコンセプトとしたのは、特集冒頭の扉ページでも触れた、輝いていたアメリカだ。愛と自由に満ち満ちた国アメリカだ。日本が本来憎きアメリカを受け入れられたのは、その豊かさこそが大きなファクターなんだと特集を組んだ。ちょくちょく日本愛を語る僕だから、あえてこうして1冊を作るのはやはり10周年にふさわしい姿勢だと思っている。扉ページには、そんな僕のちょっとしたジョークも入っているのだが、どうやら難解過ぎたようだ(笑)。

 

とまあ、様々な動きと思考の中で過ごした10周年マンスリーで、最新号の巻末ページでご挨拶できたのもありがたい。これにて千秋楽〜、となるはずだが、月曜日は文化放送の番組で祝ってくれるらしい。まだまだ10周年騒ぎは終わらない。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*