俺たちのアメリカ!!

ここのところ大騒ぎしてきた10周年記念号が、いよいよ明日リリースとなる。『昭和40年男』は、2009年10月29日に生まれ、数々の伝説…、いや笑いを生み出してきた。その数58冊で増刊などを加えても75冊。10年でこの冊数とは、月刊誌や、ましてや週刊誌に比べると半人前以下と言わざるを得ないが、それでも10年続いたのはこの出版不況下でなかなかのものである。

 

10月が誕生日だから、その両脇月の発売号を記念号にしちまえ。祭り好きの僕らしい発想である。さらに、誕生月には兄弟誌の『昭和50年男』を打ち込もう。さらにさらに、好評いただいている総集編も10月に打ち込んだから、まさに書店の棚は我々の本で大騒ぎ。というほどではないにしろ、ずいぶんと賑々しくなった。そして僕の企みは止まらない。記念号の表紙を並べただけで、『昭和40年男』とはなんとぶっ飛んでいるのだろうと笑っていただけるように、ずいぶん以前から特集テーマを異なる方向で決めていた。そのままに、表紙のテイストが全く異なり、このなんでもありな感じを2冊並べて楽しんでいただこうと作り込んだのだ。ふっふっふ、永久保存版のセットだ。ただ、これでもか詰め込み型編集と、ところどころに見られるお笑いセンスは共通だ。以前インタビューを受けた時に、かっこよく作るのがあまり好きでないのは、僕の根っこがドリフターズだからだと答えたことがある。これもきっとご理解いただけるだろう。

 

さて、その10周年記念号は16ページ増ページを敢行した。本誌の定価を値上げした直後だからあまり胸を張れないものの、今回の増ページに加え消費税も飲み込んで据え置きの780円でお届けだ。出血大サービスの、10周年記念号になった。

 

今日はその特集の扉ページをご覧いただく。表紙とともに企画の方向性を示す重要なページでいつもたくさん作る。今回も苦労しながら、このように決定した。さて問題です。特集のキャッチコピーの一部になっている、“夢見た! 真似た! 背伸びした!!”は何に影響されて書いたでしょう。答えは明日の『浅草秘密基地』で明らかにしまーす(笑)!!

 

 

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*