70年代のあのゲームがよみがえる!「スピンスタジアムJr.」が10月26日発売【ハナヤマ】

株式会社ハナヤマから、ボードゲーム『スピンスタジアムJr.』が2019年10月26日に発売されます。

『スピンスタジアムJr.』は、すり鉢状のゲーム盤にある6つのリングを回してボールを移動させ、途中の「ピットフォール(落とし穴)」を避けながら、ゲーム盤中央のゴールを目指すゲームです。1970年代の名作ゲームの復刻版として、2019年8月に発売された『スピンスタジアム』の人気を受け、コンパクトに持ち運べる小型版の『スピンスタジアムJr.』が発売となります。かつてタカトクから発売されていた「沈没ゲーム」は、子供の頃に遊んだことがあるいう人も多いのではないでしょうか。今回発売された『スピンスタジアムJr.』はまさに「沈没ゲーム」そのもの。知育要素のあるゲームだったので、親と一緒に遊べるゲームでもありましたね。こんな懐かしいアナログゲームもたまにはいいのでは?

「スピンスタジアムJr.」パッケージ

■遊び方

各プレイヤーは自分の色のボール5個をスタートラインにセットします。自分の番が来たら、自分の色のボールが溝に落ちて止まるまで任意のリングを回します。リング同士の溝が合うと、ボールはゴールに向かって動いていきます。ボールを自陣のゴールに入れれば得点になります。また、途中で他のプレイヤーのボールをピットフォールに落としても得点になります。自分のボールが全てなくなれば「あがり」で、全員があがった時点で最も得点の多いプレイヤーの勝ちです。できるだけ自分のボールをピットフォールに落とさず、他のプレイヤーのボールを落とすようにするなど、先を読む駆け引きが楽しいゲームです。

最近はボードゲームカフェが人気になるなど、アナログゲームのおもしろさ、対面でのコミュニケーションの楽しさが注目されています。名作ゲーム『スピンスタジアム』シリーズの復活は、まさにタイムリーですね。

■「スピンスタジアムJr.」詳細

価格:1,500円(+税)

セット内容:ゲーム盤 1台、ボール28個(赤、青、黄、緑 各7個)

発売日:2019年10月26日

■株式会社ハナヤマ会社概要

株式会社ハナヤマは、1933年の創業以来、日本における本格的ボードゲーム、カードゲームのパイオニアとして、現在に至るまで多くのアナログゲームを発売し続けています。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*