東京モーターショーのワクワク感!!

大きいことはいいことだ♩と、俺たち世代はCMからのメッセージを受け止めていた。スーパーカーブームでは、時速の数字が大きな関心ごとだった。そんな時代を生きたから、東京モーターショーで各社が提唱するコンパクトとかスマートとかに、残念ながらワクワク感はない。速く走る技術より、自動運転だったりの方がパワーポイントだ。ワクワクするというよりは、そこに伴う社会インフラやマーケットの変化への想像だったりするので、理屈抜きで楽しむというより頭から煙を出している。ともかく、現代社会では、大きいことはいいことじゃない場面が増えた。

 

どっこい、スゴイのがないわけではない。バイクメーカーの今回の目玉は川崎重工から発表された2台で、ここには古き良き時代のモーターショーがある。カワサキがその技術を結集して生み出したドッカンパワーが自慢のスーパーチャージャーエンジンを搭載したマシン、Z H2を世界に先駆けて発表した。

 


さらにもう一発、現代の厳しい規制下をよくぞクリアした驚愕のニューエンジンを搭載した、Ninja ZX-25Rを発表したのだ。250ccのマルチエンジンなんて、もう未来永劫出てこないと思っていた。が、カワサキはやってのけた。ビュンと回って鋭く加速するあの感じを再び味わえると思うとワクワクする。さすがカワサキで、前述の愚痴とは異なり、パワーが大きいことはいいことだを貫いている。

 

 

スズキからも国内を活性化するだろう1台が発表されて、これも注目だ。250ccの単気筒エンジンはスズキ伝統の油冷で、こいつを積んだジクサー250SFにも期待が大きい。50万円以内の値付けで発売時期をできるだけ早く、出来れば3月以内に設定できれば相当な数が売れると勝手ながら予感している。そんなワクワクを味わえてよかった。

 

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*