adidasの想い出。

野外イベントの仕事で必需品のスニーカーが限界を迎えていたところに、交換不可バーゲンで出されていたコイツを見つけて思わず購入してしまった。ネットでの買い物は基本的には好きでないおっさんなのだが、ついつい安いのを見つけてポチッとしてしまい、最近はその頻度が上がっている気がする。とはいえ、靴を買ったのは初めてである。

 

ガキの頃、adidasはものすご~く憧れたブランドだった。そのファーストコンタクトはヤッケだ。一般的にはウィンドブレーカーと呼ぶのだろう、フードがえりに畳み込まれている薄っぺらなあれだ。クラスの男子はほとんどが着ていた記憶があり、色は圧倒的に紺だった。突如として巻き起こったあのブームは一体なんだったのだろう。少し時を経て、adidasブランドのスポーツバックがガキどもの憧れになった。スポーツに使うというより登校用バッグだった。これも少しずつ愛用者が増えていき、いつの間にかほとんどの男子がそうなった。シェアは圧倒的にadidasで、僕も周囲よりだいぶ遅れてだったが、このブランド名の入った派手な黄緑のを買ってもらった。ヤッケとともに身悶えしながらねだり、勝利の日は今も忘れられないほどの喜びだった。

 

『福岡博多秘密基地』の幹事会メンバーで、博多と新橋、新宿に昭和歌謡バー『スポットライト』を展開する安東さんは、ここぞという時はadidasのヤッケでキメる!!

当時はブランド先行ブームとでも呼べばいいだろうか、スニーカーやジャージなんかも流行った。あいつはどこどこのを買ったとかそんな話題に上るほどだった。親から買ってもいいぞと金を握られた幸せなヤツに、仲間でゾロゾロくっついてスポーツ用品店に出かけては「あーでもないこーでもない」とみんなで見立てた。ジャージ1本買うのもビッグイベントだった昭和の下町だった。

 

よくよく考えると、僕がadidasブランドを所有するのは小学生以来かもしれない。薄い記憶なのだが、ヤッケとスポーツバッグしか持てなかった気がする。スニーカーの3本線は履いた記憶がないし、マラソンを始めてからもadidasブランドは縁が遠い。少なくともスニーカーは初めてだから、チョッピリかわいいこいつでイベント仕事をこなすぜ。

『昭和40年男』定期購読のご案内
『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。