22歳の男子に見る進化論〜顔ちっちゃ!!

夏休み明けにも関わらず昨日もバカ騒ぎを開催して、初参加者2人を含む楽しい宴になった。その1人、前列向かって右のタメ年男の加藤さんは、少々緊張気味でのれん(ないけど)をくぐったと言う。みなさん初参加の時は同じようにある程度の緊張を乗り越えて来てくれるのだ。中にはしばらく輪に入らず1人で呑んでいて、やがて加わったなんて方もいる。そしてその輪に入っちまえば、この写真の通り笑顔になれるのだ。

 

ここの常連には加藤さんが多く、みなさんにそれぞれ色をつけて呼ぶことになっている。ホワイト、レッド、ブルー、ブラック加藤さんがこれまでにいて、昨日の加藤さんはピンクを名乗ることになった。なんのこっちゃと思われる決まりが、秘密基地にはあるのだ。

 

そして前列中央が問題の22歳だ。就職が決まったものの単位が足らず卒業が9月になってしまった。それでも寛大な就職先は卒業を待ってくださるとのことで、もうすぐ社会人になるというちょっとドジな若者である。それにしても顔が小さい。昭和39年生まれから昭和43年の男たちに混じって一番小さな顔なのに、身長は一番高い。スタイル抜群の今時の男の子で、昨日は女子さわり放題サービスを展開していたのに結局1人も来なかった。あーっ、もったいない(笑)。

 

さてこの青年、あまり似ていないけど僕の甥っ子なのだ。ほぼ中央で親指立てているのが僕で、向かってその左にいるのが弟だ。3人とも北村の血を引いているのは、終始ガハハで過ごすことでわかる。先日就職祝いに初めて差しで呑った時にも、血を完全に引き継いでいた、ガハハとね。そして他の参加者からは名前のハヤタを隊員とからかわれていたがよくわかってない22歳だった。息子を連れてきても楽しめる秘密基地に、ぜひみなさんいらっしゃーい。娘を連れて来た方を、僕はお父さんと呼ばせていただきます。

『昭和40年男』定期購読のご案内
『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

2件のコメント

  1. いつも楽しく拝見しています!
    大ファンです

    楽しげな飲み会にも興味深々!
    あ、46年生まれのおっさんです!

    • 上野さん、ありがとうございます。
      ぜひ、遊びにいらっしゃいませ。お待ちしてまーす。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。