早見 優さんが特集のエース〜大編集後記。

本日発売じゃーっ。今日より僕のつぶやきは、発売直後の恒例となる大編集後記となる。まずは表紙を飾り、そのまま特集のプロローグとして切り込み隊長になっていただいた早見 優さんの記事から解説させていただく。

 

 

当時の写真を、マガジンハウスさんのライブラリーから物色を始めたのはほぼ企画のスタートと同時だった。大好きな小麦色のビーナスの代表格として、早見 優さんをターゲットしたのは僕だ。副編集長の竹部が動き回ってライブラリーにたどり着き、そのお宝画像の数々をデザイナーに渡して何パターンもの表紙を組んでもらった。ご覧いただいているページの写真2点でも作ったし、次の見開きで使った写真、今回掲載しなかったものも含めて7枚の写真で、さらにそれぞれで色やレイアウトを変えて作るからそりゃー膨大な数だった。

 

が、そこまで頑張ってくれたデザイナーには申し訳ないが、一発でこれに決めてしまった。それにしても、アップになった顔の完成度は半端ない。美しさと目ヂカラはハンパなく、そのまんま表紙自体のパワーになった。で、中面のページではカワイイものや清潔感を感じるものが散りばめられている。七変化のごとく魅力があふれる当時のアイドルは、昨今の団体口パクで押しまくるのとは訳が違う。ピンなのにも関わらず、ステージで対決したら“圧”で勝利するだろう。

 

そんなこって、早見 優さんが今回の特集の成否を握る。って、勝手にそんな重責を背負わせているだけで、ご本人には迷惑な話かも知れんが、きっと大丈夫だろう。つうわけで、今すぐ書店へGoだ!!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

2件のコメント

  1. たくさんある写真の中から、この写真を選んだ訳がスゴくわかります。
    掲載分の他の写真にはない「あの頃」の空気感がビシバシ来ます!
    久しぶりに早見優のCDを引っ張り出してきて聴いています。
    素敵な写真の表紙をありがとうございます!

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*