石川優子、29年ぶりのメディア取材でChageとの「ふたりの愛ランド」対談が実現!

「クリスタルモーニング」や「シンデレラサマー」などのヒット曲で知られる、シンガーソングライターの石川優子さん。1990年に引退した後は、表舞台にでることはほとんどなく、メディアなどの取材に応じることもなかったそうです。そんな石川優子さんが、今回実に29年ぶりのインタビューに応じてくださり、7月11日発売「昭和40年男」の誌面で、Chageさんとの対談が実現、あの大ヒット曲について語ってくださいました!

夏のデュエット曲といえば、1984年4月にリリースされた石川優子&Chageの「ふたりの愛ランド」。JALの沖縄キャンペーンソングに起用されて、オリコン最高3位の大ヒットとなりました。リズミカルで、夏そのものの「ふたりの愛ランド」は、今も多くの人たちに親しまれ、カラオケで盛り上がる大人気の定番ソングです。

今回は、その誕生秘話から、当時のテレビ出演時やコンサートでのエピソード、そして2016年に行われた、ライブイベント「僕らのポプコンエイジ」で再び一緒に歌うことになった時の感動などを、Chageさんとの対談で「昭和40年男」だけに語ってくれました。

「一緒に歌うことになった時、すぐにふたりで弾けるイメージがわきました」石川

「『トップテン』ではペンギンにかまれたり、転んでスモークの中に消えたり(笑)」Chage

「『ベストテン』では3元中継を。当時、画期的なことで鮮明に覚えています」石川

「ユッコとデュエットすると、一瞬であの夏に戻れるんです」Chage

 などなど…

貴重な対談のすべては、ぜひ本日7月11日発売の「昭和40年男」でご覧下さい!

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。