「アンタ、あの娘のなんなのさ?」昭和50年・第26回「NHK紅白歌合戦」と共に当時のヒット曲を振り返る!

国民的歌番組、「NHK紅白歌合戦」(以下、紅白)は今年令和元年の大晦日の70回目という節目を迎えます。近年ではかつてのような視聴率を獲得できず、人気が低迷していると言われていますが、昭和40年男世代の幼少期~青年期は、ほとんどの国民がテレビにくぎづけになったほど! そんな紅白の出場リストから、その年のヒット曲や話題の歌手を振り返ってみましょう。第5回目はダウンタウン・ブギウギ・バンドが「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」で初出場した 昭和50年・第26回大会です。

実力派アイドルと異色グループの登場

この年のトップバッター、岩崎宏美と細川たかしは日本レコード大賞では最優秀新人賞を争ったという二人の対決になりました。南 沙織やアグネス・チャン、桜田淳子や山口百恵など数多くのアイドルが脚光を浴びるなか、新人アイドルらしからぬ圧巻の歌唱力で、デビュー年に初出場を飾った岩崎宏美が輝いていました。また、レコードデビュー3年目のキャンディーズが5thシングル、「年下の男の子」のヒットで初出場。対するは『笑点』(日テレ系)の企画ユニットとしてデビューしたずうとるび「初恋の絵日記」でした。当時女性3人のアイドルユニットというのは珍しく、異色グループずうとるびとの初々しいグループ対決となりました。

そしてなんといっても、この年の大きな注目は、その歌詞のセリフ(ほぼ全歌詞がセリフですが…)「アンタ、あの娘のなんなのさ?」が流行語にもなった「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」ダウンタウン・ブギウギ・バンドでしょう。歌のほとんどがセリフというインパクトもさることながら、「つなぎ」を着たそのファッションスタイルは、当時としてはかなりセンセーショナルだったと思います。つなぎといえば作業服的なイメージ、それをステージ衣装にしてしまう斬新さが若い世代を中心に受けたのです。「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」大ヒットにまつわる、当時のお話は、『俺たちの胸に刺さった昭和ソング』P66~69で、まさにこのつなぎの発案者、ドラムを務めた相原 誠さんがたっぷりと語っていますので、ぜひご覧下さい。

白組トリ争いの軍配は、五木ひろしに

毎年、トリは誰が務めるのかが話題となりますが、この年の白組のトリも例外ではなく、五木ひろしと布施 明の二人がその座を争いました。結果的には五木ひろしがトリ、日本レコード大賞では「シクラメンのかほり」で大賞を受賞した布施 明がトリ前という歌唱順に。もちろん、レコード大賞は大晦日の夜に決まりますから、その時点で紅白のトリはすでに決まっています。レコ大では最優秀歌唱賞だった五木ひろしでしたが、自身初のトリを務め、その後最多タイの13回のトリ(うち、6回が大トリ)という偉業を達成しています。

そして、シンガーソングライターの時代到来

この年、ヤマハ音楽振興会主催のポピュラーソングコンテスト(ポプコン)から、すい星のごとく現れた中島みゆきをはじめ、小坂恭子、山崎ハコ、森田童子らがこぞってデビュー。「あの日にかえりたい」がドラマ主題歌となり、幅広い層に認知された荒井由実(現・松任谷由実)など、女性シンガーソングライター時代の幕開けを感じさせる年でもありました。残念なことに、当時彼女たちはあまりメディアに登場することはなく、テレビで観る機会がほとんどありませんでしたね。ちなみに紅白には、中島みゆきが2002年、松任谷由実が2005年にそれぞれ初出場しています。

※当時のレコードジャケットなどは、「昭和40年男」6月号増刊「俺たちの胸に刺さった昭和ソング」P14~15に掲載されていますので、あわせてご覧下さい。(「昭和40年男」編集部・まつざき)

『昭和40年男』定期購読のご案内
『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

1件のコメント

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。