クイーン、エアロスミス、レッド・ツェッペリンの共通点!?

音楽を貪るように聴いていた若い頃のこと。アルバムごとにバンドっては成長するのだなと肌で感じていた。ファーストアルバムには爆発するようなエネルギーが込められていて、リリースを続けて4作目で花開くというか1つの完成を見るというのを、僕は“偉大なるバンド4作目の奇跡”と名付けていた。それは、ガキの頃なのに全アルバムを所有するほど惚れ込んだ、3つのバンドに共通していた。

 

タイトルした通り、クイーンとエアロスミスとレッド・ツェッペリンだ。ツェッペリンに関しては頭の4作のどれも最高傑作と言ってよく、この議論はファンにとって楽しみでもある。が、完成として論じれば『天国への階段』を収録した4作目がやはりその域に至っていることは、きっと同意いただけるだろう。

 

ファーストの荒々しさではエアロが楽しい。まるでうちの創刊号のようだ(笑)。荒っぽいけど後に続くエアロらしさはすべて詰まっていて、セカンドも延長線上だ。サードでグーンとステップアップしたかと思ったら、さらにすげー進化を見せたのが『ロックス』だった。タイトルもエアロの最高傑作を名乗るのにふさわしく、いつ聞いてもど頭の『バック・イン・ザ・サドル』には震える。

 

クイーンはそこそこのファーストに対して、最高傑作に挙げるファンが多い(僕も)セカンドまでが1つのスタイルだ。続いて『キラークイーン』を含むサードがその後のクイーンへの橋渡しになって、そしてご周知のとおり『ボヘミアン・ラプソディ』を含む『オペラ座の夜』につながるのだ。ねっ、見事なまでの4作目トリオでしょ。それぞれの人気もスタイルも完全に確立させたたアルバムであり、ロック界に燦然と輝く傑作だ。

 

最高傑作を常に作ろうという姿勢が、こうした奇跡につながることは言うまでもなく、自分自身の仕事でもこの奇跡は常に意識するようにしている。さて、次号は最高傑作となるのか。彼らミュージシャンと違って、僕らはどちらかといえば芸人だと思っている。傑作は名乗るのではなく評価されるものだ。そして、僕自身が傑作だなと思う本が、実は成績が悪かったりすることがよくある。好きと売れるはかならずしも一致しないのだ、ってダメじゃん!! 

『昭和40年男』定期購読のご案内
『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

1件のコメント

  1. この3つのバンドは、ロック好きな「40年男」も聴いてきたのは間違いないけど、どちらかと言えば「40年男」よりも上の世代が中心かと思われます。
    「40年男」がリアルタイムで聴いてきた洋楽ロックとなれば、やはりヴァンヘイレンやジャーニー、LAメタルと呼ばれるジャンルなどでは。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。