愛ある書店にいらっしゃ〜い!!

上野駅構内のアトレにある書店『明正堂』さんをのぞいてきた。ここではバックナンバーも展示してくれていて、増刊もしっかりと並んでいた。バックナンバーはビニール袋に詰められた、俺たちには懐かしいビニ本状態で棚に刺さっている。その最前に、手書きのPOPが貼られた立ち読み用の本を置くという深い愛がある陳列だ。こんなに大事に扱ってくれるなんて、作った苦労が報われるかのような気分になる。

 

本が売れない時代だと言われて久しい。耳にタコだぜ、うるせえぜと突っ張っている僕だ。確かにネット社会になって売りづらくなったジャンルはあるが、売れている雑誌だってたくさんある。書籍のビッグヒットだってたくさんあるし、要するに工夫次第じゃないか。考え抜いて懸命になって作った本はキチンと売れる。さらにこうした売り場の工夫はきっと販売を押し上げてくれる。

 

この書店さんはいつも賑わっている。立地の良さもさることながら、大型店舗の中のいたるところにこうした工夫が盛り込まれていて、きっとお客さんもそれが心地よいのだろう。僕はここの『昭和40年男』の陳列を見ると元気になれるから出かけては、そのたび何か購入してしまう。楽しい書店だからだな。

 

上野駅に来た際には是非のぞいてほしい。ビニ本になって可愛がってくれている様子は『昭和40年男』ファン必見だ。ここで本を眺めて銀座線に乗って田原町で降りれば『浅草秘密基地』の会場、ショットバー『FIGARO』はすぐそこだ。来週月曜はそんなコースでお越しいただきたい(笑)。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*