秋田で発見、レトロ博物館!!

東北出張中の秋田で、素敵なショップを見つけた。懐かしの昭和の品がこれでもかっと店内にある。多くに値札がつけられている楽しいショップで、編集部用に何か手に入れようと物色していると、どうも店員さんが僕をジロジロ見る。やがて店員さんの1人が「今日は営業日じゃないんです」とのこと。たまたま店内への納品物があって開いているところに、ズケズケと入ってしまったのだ。「ああ、それは申し訳ないです」と恥ずかしい思いをした。残念ながらおみやげ購入には至らなかった。

 

パッと見た感じ、ほとんどが昭和グッズである。最近、テレビをつけると平成を振り返る番組なんかをよく見かけるが、僕はさほど魅力を感じない。ああ、あったねという程度で昭和モノに比べて熱くならないのは『昭和40年男』編集長だからというわけではあるまい。このサイトを見てくださっているみなさんにも、そう感じている方が多いのではなかろうか。

 

もっとも多感な時期を過ごした昭和の後半は、キラキラしたモノやコンテンツであふれていた。それに育てられた感謝の気持ちが大きい。誰もがみんな豊かで幸せだった時代でない。貧しさもまだまだ残っていたが、前だけを信じて歩む元気があった。

 

令和になり今の平成フィーバーが落ち着いた後、昭和がますます輝く気がする。するとこの『レトロ博物館』に並ぶ品々が一段値上がりになるかもしれない。その前提は、令和の日本が明るくなければならない。そのためにもう一踏ん張り、俺たちは日本のお役に立てるように走ろうじゃないか。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*