今日はなんの日?

今日は鈴鹿8時間耐久レースの決勝日。取材の合間にちょこちょことつぶやこうと思うが、なかなか大変な取材なんでどうなることやら。隙をみつけてがんばります。

そんでもってね、はいみなさんご一緒に!
「はっぴばあすでぃつうゆう」
ワタクシ本日、46回目の誕生日で〜す。だからね、今日は特別にレース終了後に花火があがるんだよ(笑)。

46年も生きてきたんですな。昔だったらもう死に向かって一直線の年代なのに、現代ときたらまだまだ働かなければならないのだね。8耐は7月の最終週に行なわれるので、こうして誕生日にぶつかることが多い。これはこれで想い出深くなっていいものだ。これまで文字どおり46回の誕生日を迎えてきたわけだが、いくつも記憶に残っているのは幸せなことだ。小さなころは、お袋が寿司をしこたま握ってくれるのが本当にうれしかった。すし飯を混ぜているときの興奮。貧しいながら、なんとも幸せな家だったのだ。

やがて自分の家族を持ち、息子が祝ってくれるようになったのはうれしかったな。北海道のキャンプ場で、サプライズケーキを仕込んでくれたときは泣いたよ。絵を描いてくれたり、10kgの鉄アレイを買ってくれたり、ビールを買ってくれたり。成長に合わせて祝い方が変わっていき、いつの間にか祝ってくれなくなった。ちょっぴり寂しいけれど、もうすぐ25歳ですから仕方ないね。親離れ、子離れですわ。

40代も後半戦というわけで、もう1発ドカーンと花火をあげたいなと思い始めている自分がいる。やはりここは、新ジャンルの雑誌創刊だろうな。まずは本誌『昭和40年男』の独立創刊をプライオリティにしているけど、立ち上げは僕の存在意義そのものなんで、常に攻めたい。そろそろプライベートの充実に行きたいところだが、そいつは引退してからのお楽しみなのだろうなあ。

さあ、46歳の初日だ。めいっぱいぶっ飛んで、加速をつけるぞー。では、取材に行ってきます。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*