東海の暴れん坊。

さあ、鈴鹿サーキットへと出かけるぞ。まずは明日の決勝取材でお世話になるチームに挨拶回りして、その後62歳の現役ライダーである水谷勝さんが主催する『風の会』をレポートする予定だ。ちょっとこれについて触れておきたい。

この活動の元になったのは、水谷さんの実体験からだそうだ。ある日、下半身の不自由な少年からバイクに乗ってみたいとの願いを聞き、タンデムシートに固定して乗せた。そのときに奇跡が起こった。動かないはずの足がグッと締め付けたのだ。ならば下半身が不自由な出来るだけ多くの人に乗ってもらおうと、毎年参戦している鈴鹿8耐の決勝前日に、パレード形式でサーキットを一周しようと思いついた。協力者を募り、もう今年で10回目となる恒例行事となった。バイクメーカーがバイクを提供して、さまざまな団体がサポートや当日のオペレートを手伝い、水谷さんの声がけで集まったプロライダーたちがバイクを運転する。中には翌日に決勝を控えたライダーも走る。初めてのバイク体験に緊張の面持ちでコースに入っていく参加者たちは、帰ってくると本当にいい顔になっている。奇跡は起きなくとも、大きな喜びに包まれるようである。帰ってきたライダーと参加者たち、スタッフ全員の記念撮影を行い取材終了となるのだ。

驚異的なのは62歳の水谷さんはこの大仕事を終えた翌日、決勝を走るのである。革ツナギを着て、炎天下のコースを周回するその姿は感動そのものだ。実は引退の危機があった。テスト中の転倒で首の骨を折る重傷で、生死をさまよった。そこから見事に復活して、去年は決勝を走ったのである。10年近くおつきあいをさせていただいている僕にとって、それは感慨深いものがあった。ラストの走行を終えたレース終了間際の水谷さんに「ファインダー越しに走っている水谷さんを見られて本当によかったです」といいながら涙があふれ出てしまった。その涙を見た水谷さんも泣き出し、まだレースは終了していないのに、2人の大人はみっともない姿をさらしたのであった。

バイクブームのころ、レースに興味を持った方なら『東海の暴れん坊』の異名を持つ彼を知っているだろう。そして今も走っていることを知ったら、さぞ驚きのことだろう。62歳で踏ん張る姿にエネルギーをたっぷりもらうのである。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*