さらば、アナログワールド。

昨日の続きである。我々にとって大きなピリオドとなったアナログワールドとは? 『ぴあ』の休刊である。出版界における休刊とは限りなく廃刊に近いのだが、一応いつでも復刊できる立場として休刊と名乗る。ずいぶんと前から騒ぎにはなっていたので気になっていた。そして発売日の朝刊に、カラー全段で展開された目立つ広告を見て、その日の昼休みに書店に駆け込んだ。

昔々、バンドを組んで夢を見た時期があった。高校生になると、いっちょまえにライブハウスに出演するようになり、『ぴあ』にバンド名である『WOODPECKER』の文字が刻まれた日は狂喜乱舞したものである。当時の気持ちとしては新聞に載るよりもウレシイ気分だった。だってさ、常に遊びの情報源の真ん中にいた雑誌だったからね。

創刊は39年前とのことで、僕たちが小学1年生だった頃である。その創刊号の復刻版が付録でついている。これ泣けるよー。めくっていくと来日アーティストの欄にぬぁんとディープ・パープルの文字があるじゃありませんか!! それも他の情報と同じ大きさで!! 後に『ライブ・イン・ジャパン』として発売された武道館公演の告知で、うおーっと燃え上がってしまった。S席2,700円だよ。当時のLPがだいたい2,000円〜2,500円だったことを考えると、今よりお値打ち感があるね。今はCD1枚3,000円に対して、1万円以上のチケットがほとんどだもの。

編集後記をのぞくと「半年以上の準備期間を経て、やっと創刊ににこぎつけました」とある。今見るとこれにどうして半年かかるのだと、あらためて情報ハイウエイ(死後)の発達に感心させられるばかりである。同じく編集後記にはこんな言葉もある。「標的を私たち若者にしぼり」と来たもんだ。ターゲットじゃなく標的っす。いいねえー。「標的を私たち昭和40年男にしぼり」と、いつかどこかに書きたいななんて思ったりしてみた。そうそうつい先日、問屋営業担当からバカ売れらしいとの情報が入った。みんな若いころに1度はお世話になった世界を、まさに永久保存するのですな。

『ぴあ』はいつの時代も変わらず、情報検索ツールとして存在したが、だんだんと必要でなくなっていったことは言うまでもない。アナログで情報検索する時代は終焉を迎えたのである。そういえば僕自身、ずいぶん前のことであるが広辞苑の最終版を買ったものの、言葉を調べるのにただの1回も使っていない。何度か開いては、辞書って面白いなとか紙の感触はいいなあとか懐かしむだけで、機能として便利なものではなくなっている。

デジタルは生活を一変させて、本当に便利になった。そこに少々の寂しさを感じてしまうのは、昭和40年男の正直な感情である。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*