1980年の空気。

3月に突入して、いよいよ元号が変わる日まであと2ヶ月となった。平成の時と大きく異なるのは、当然のことながらあの時のような暗さがないことだ。全く異なる改元を経験できるのだから、しっかりと記憶にとどめておきたい。

 

そんな時代の変化をこれまで色々と経験してきた俺たちだが、今振り返ってどこがもっとも大きな変化だったかと考えてみた。なるほどやはり、昭和から平成は空気の変化が大きかったように思える。そしてもうひとつが、今日のタイトルである昭和55年、というより1980年だろう。まだ中3のガキだったから後付けな感覚もなくはないが、明らかなそれまでと色が異なっていた記憶が強く残っている。

 

70年代が後半になればなるほど、世の中がザワザワとかキラキラした感じを帯びていき、空気が変わっていく感じを子供ながら強烈に感じ取った。後につながっていく、ナウでヤングの強迫観念(!?)を体験することになる我々に、その風が吹き始めたのだ。そして迎えた80年は、まず身近なところでテレビ番組が浮かれた感じになった。若手芸人たちが、次々に新しい笑いを吹き込んできた漫才ブームだ。ドリフが古びた感じになっていくのをさみしく思いながら、心の中でドリフを擁護した僕だった。

 

音楽もそうだ。70年代後半からテクノが最先端を引っ張った。前年にリリースされた『テクノポリス』は、それまで経験したことのない世界に連れていってくれた。それ以前に描いたどんな未来よりも、音だけなのに東京の未来をリアルに感じさせられた。キラキラした未来だ。

 

洋楽シーンでも数えきれないほどのトピックがあった。1つあげれば、俺たち世代にとってのアイドル、オリビア・ニュートンジョンが変革期を迎えていた。『オリビアを聴きながら』のオリビアは70年代までで、80年にシングルヒットさせた『マジック』は翌年に俺たちを大興奮へと陥れた『フィジカル』へのブリッジとなっている。同じく80年のヒットで『ザナドゥ』も目一杯のキラキラ感を放出している。

 

と、3月11日発売号の最終の詰め作業をしている今日、こんなことを書いているのは次号の影響が色濃くあるな。さてさて次号の特集はなんでしょうね(笑)。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*