国内外のクイーンのトリビュートバンド4組とクイーン関係者が集結!追加公演の「A NIGHT AT THE MAKUHARI」4月20日幕張メッセにて開催決定!

エイベックス・エンタテインメント株式会社は、アルゼンチンのクイーン・トリビュートバンド、GOD SAVE THE QUEENのジャパン・ツアーの追加公演「GOD SAVE THE QUEEN with GUEEN,QUEENESS,QUEER A NIGHT AT THE MAKUHARI」を4月20日(土)に幕張メッセにて開催する。この公演は、今年7月に全国5か所で開催予定のジャパン・ツアー「GOD SAVE THE QUEEN JAPAN TOUR 2019」 の完売を受けて行う追加公演で、日本の3大クイーン・トリビュートバンドと初共演するスペシャルな内容となっている!

昨年公開された映画『ボヘミアン・ラプソディ』が、現地時間2月24日のロサンゼルスで行われた第91回アカデミー賞で最多4部門を受賞するなど、フレディ・マーキュリーの没後から27年が経った今もなお、世界中を魅了し続けるクイーン。イベント開催日の4月20日は、27年前、英ウェンブリー・スタジアムでフレディ・マーキュリー追悼コンサートが行われた日にあたるという。
GOD SAVE THE QUEENは、1998年にアルゼンチンで結成された4人編成グループで、南米を拠点に欧州やインド等、世界30カ国でライヴを行い、その実力はローリングストーン誌において「史上最高のトリビュートバンド!」と称えられている。2017年に初来日を果たして以来、毎年公演を行う人気のバンドだ。

共演するトリビュートバンドは、GUEEN(グイーン)、QUEENESS(クイーンネス)、QUEER(クイーア)の3組。いずれも日本のバンドで、クイーンの6回の来日公演のセットリストから演奏を予定。GUEENは初来日の1975年と1976年を、QUEEESSは1979年と1981年、QUEERは1982年とフレディ生前最後の来日公演となった1985年と、各々のバンドが各年代を代表する楽曲の演奏を予定している。GOD SAVE THE QUEENは、過去2回の来日公演でファンを唸らせた王道のセットリストを披露。ラストは4つのバンドがステージに会し、感動のフィナーレとなる模様。
さらにバンドのセット・チェンジの時間には、関係者を迎えたトーク・セッションも予定されているというから、楽しみだ。トークゲストには、最初の来日から、プライベートで訪れた1986年までフレディ・マーキュリーのガードマンを務めた伊丹久夫氏、元ミュージック・ライフの編集長、東郷かおる子氏、そして映画『ボヘミアン・ラプソディ』で日本語字幕を監修した増田勇一氏が参加。東郷、増田の両氏は、奇しくも27年前の4月20日、英ウェンブリー・スタジアムで行われたフレディ・マーキュリー追悼コンサートの取材に行っており、トークではその辺りの話も聞けるのではないだろうか。

アルゼンチンのGOD SAVE THE QUEENが日本のトリビュートバンドと初共演する「A NIGHT AT THE MAKUHARI」のチケットは、2月27日(水)より発売。詳細はイベントHPをご参照ください。

<追加公演概要>
GOD SAVE THE QUEEN with GUEEN,QUEENESS,QUEER A NIGHT AT THE MAKUHARI

日時:2019年4月20日(土) 開場 15:00/開演 16:00
会場:千葉・幕張メッセ イベントホール
チケット料金(全席指定/税込):6,500円
チケット:最速先着先行2月27日(水)18:00~ http://r.y-tickets.jp/godsavethequeen1902
問合わせ:ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00〜19:00)
主催:エイベックス・エンタテインメント
企画制作:エイベックス・エンタテインメント、六角堂
協力:MUSIC LIFE CLUB(シンコーミュージック・エンタテイメント)

■出演バンド:
GOD SAVE THE QUEEN/GUEEN/QUEENESS/QUEER
■トークゲスト&MC:
伊丹久夫/東郷かおる子/増田勇一 and more…
MC:石角隆行

<プロフィール>
■GOD SAVE THE QUEEN(読み:ゴッド セイブ ザ クイーン)
メンバー全員が1981年の初アルゼンチン公演に行った筋金入りのクイーン・ファン。南米を拠点に欧州やインド等、世界30カ国でライヴを行い、これまでに80万人超を動員。2006年にはクイーン南米公演25周年を記念し、初めてクイーンがコンサートを行った同じ会場で当時の衣装、セットリストを完全再現したライヴを敢行。ブエノスアイレス市民を大いに沸かせました。ローリングストーン誌が「史上最高のトリビュートバンド!」と称え、フレディのパーソナル・アシスタントを長年勤めたピーター・”フィービー”・フリーストーンが「フレディが蘇り、とても感動した!」と絶賛した世界屈指のトリビュートバンド。2017年に初来日を果たし、各地の公演をソールドアウトさせた程、国内でも圧倒的な支持を受け、今年で3年連続の来日となります。

■GUEEN(読み:グイーン)
かねてより「ライヴでは再現不可能」と言われ続けて来たクイーンのレコード・バージョンのサウンド。その不可能に挑み、ステージでの生演奏と完全再現を実現していることで有名。来歴は古く、フレディ・マーキュリー存命中の1990年4月に結成され、同年7月にTBS「いかすバンド天国」に出演、審査員から大喝采を得ました。以来年2回のペースで渋谷TSUTAYA O-Eastに於いてワンマンコンサートを開催。Queenがフレディの死後設立したエイズ基金団体「マーキュリー・フェニックス・トラスト」への寄付も20年以上に渡り行い、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラーの二人から感謝状を贈られています。表向きはお笑いアマチュアコピーバンドながら、プロ集団の卓越した演奏能力とボーカルのフレディ波多江の圧倒的なエンターテイメント性が合致したステージは必見。感動と爆笑が混じり合う空間となっており、アルバム単位での再現など他の追随を許さないクオリティを見せます。あくまでもレコードオリジナルに拘った演奏はQueenを細かく知っているほど驚愕するはず。ワンマンコンサートでは専任の音響、照明、舞台スタッフと共に完成度の高いショーを開催し続けています。2013年には来日中のポール・マッカートニーのパーティに招待され演奏し、ポールをはじめとするメンバーらを大爆笑させ、なんとコンサートパンフレットにまでその名が載ることに。2019年現在、ほぼすべてのオリジナルアルバムを網羅しつつある現在進行形のトリビュートバンドです。

■QUEENESS (読み:クイーンネス)
3回のロンドン・ツアーを成功させたトリビュートバンド、Kweenのフレディ・エトウが2008年11月に結成。スタジオバージョンで聞くクイーンは、美しいコーラスや荘厳なギターオーケストラなどがトレードマークでしたが、ライヴではスタジオ盤全く違ったアレンジで演奏し、よりストレートなロックバンドとして観客を魅了しました。リアルタイムで経験した世代には懐かしくライヴバンドとしての彼らを思い出してもらえるよう、そしてクイーンをCDで聞いたことしかない世代には、もっともっと「ライヴバンド」としての魅力を伝えたいと活動を続けています。

■QUEER(読み:クイーア)
2011年に結成。洋楽ロック・トリビュート・イベント、LEGEND OF ROCKを中心に積極的なライヴ活動を実施。これまでにSUMMER SONICや日比谷野外音楽堂での演奏に加え、クイーン関連のイベントにも出演。2012年にはロンドンやブライトンでライヴを行い、大成功を収めています。

アルゼンチンの人気トリビュートバンドと日本の3バンドが共演する、GOD SAVE THE QUEEN with GUEEN,QUEENESS,QUEER A NIGHT AT THE MAKUHARIのチケットは本日2月27日から発売開始されています! よいお席は、どうぞお早目に!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*