昼食後の軽いウォーキング実践中!の巻

こんにちは! 一週間の始まり、月曜日いかがお過ごしですか? なかなかエンジンがかからない週明けですが、今日は最近始めた、昼食後の運動についてのゆる~いお話しです。

先週、今年に入ってから会社にお弁当を持ってくるようになったというお話しをしましたが、このお弁当が「うれしい副産物」をいくつかもたらしてくれているのです! まず、一つ目は「節約」ですね! 当たり前のことですが、外で食べなくなると、お財布から出ていくお金がめっきり少なくなります。そして二つ目は「時間」です。外食は、お店を決める、入って注文したものが出て来るのを待つ…など、場合によっては食べている時間以上に、食べるまでのほうに時間を費やしてしまいます。当然食べ終わる頃には昼休み時間もほぼ終わり。コンビニ、もしくはテイクアウトでお弁当を買おうと思っても、やはりランチタイムはどこも行列ができていますから、買うだけでも時間がかかりますよね。 その点、お弁当は、バッグからさっと出すだけですから「待ち時間ゼロ」です! 1時間のお昼休み、30分で食べ終えたら、残り30分いろんなことができることに気づきました。読書をしてもいいし、仮眠を取ってもいいし、せっかくだから有効に使いたいですよね? そもそも、ずっと会社の中にいると気分転換にならないので、昼は外に出る派だったわけですが、お弁当なら食べ終わってから外に出たって十分会社周辺をぶらぶらできる余裕があるというものです!

ということで、今年になってお弁当生活が定着し、昼食後は会社の周辺をぶらぶらするのが日課となりました! ウォーキングと呼べるほどのものでもありませんが、少しお腹いっぱい(腹八分目を心がけてますよ!)になったところで外の空気を吸いつつ、リフレッシュのためにあくまでも「ぶらぶら」と(笑)

ちなみに、運動は食前がいいのか食後がいいのか諸説あって、朝は食前、昼・夜は食後がよいという説が多いようです。しかし、空腹時には脂肪は燃焼しやすいのですが、直後に食事を摂ると中性脂肪が増えるとも言われていますので、やはりどちらかというと食後のほうがいいと言えるのではないでしょうか。いずれにしても極端な空腹状態やあまりにも食べ過ぎた直後の激しい運動は避けたほうがいいようです。まぁ、散歩程度のウォーキングであれば、食前・食後あまり気にしなくても大丈夫ですからお昼ご飯が済んだら、ぜひぶらぶらしてみてください。血糖値が気になる方には食後の軽いウォーキングが血糖値の上昇を抑える効果もあるようですから、特に「ランチ後のぶらぶら」はおすすめです!

生活習慣というのは、文字通り習慣になっているものですから、なかなか変えるのは難しいと思っていました。ところが、昼食にお弁当を持っていくいう一つの変化が、他の生活習慣にも変化を与えてくれるようになるとは、なんとも不思議なものです。あまり気合いを入れて何かをしようとすると、結局「三日坊主」(私は本当に昔から三日坊主です…)になってしまいがち、無理なく自然にゆる~くを合言葉(?!)に、次の段階へとステップアップしていきましょう!

2019 鈴鹿8耐久ロードレース 特別企画

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。