トイレにまつわるエトセトラ

昭和40年男の悲惨な戦い

昭和40年男の少年時代は、決して楽しいことばかりじゃなかった。今思えば笑っちゃうようなことでも、俺たちは真剣に悩み、戦っていた! ここではホロリと苦い“悲惨な戦いの記憶”を通じて、昭和40&50年代という時代を振り返ってみたい。

学校で″でかいほう″。それだけで笑い者になった地獄の日々!

この前、旅先で古いホテルに泊まったら、トイレにウォシュレット付いてねーの。俺のお尻デリケートだから、ウォシュレットないとダメなんだよね!ってか俺たち昭和40年男のガキの頃は、ウォシュレットなんてこの世になかった。トイレといえば和式で、運が悪いとボットンだったし。

トイレで悲惨な思い出と言えば、小学校におけるウンコ。学校のトイレでウンコをするやつはいなかった。だって「ウンコ野郎」と笑い者にされるから!

「クソしてますかあー!!」

小4の昼休み、俺は便意に耐えられず“大”トイレに駆け込んだ。ズボンを下ろしてしゃがみドバーッ! 間に合った。しかし扉の向こうにザワザワと悪ガキの気配!

「クソしてるやつがいるぞー!」
「いっぱい出ましたかー?」

うるせー! さらに上から物が降ってくる。トイレットペーパーにホースの水! 上から覗くやつもいて、ある時クラスのカッコいいやつが「ウンコする時、下は全部脱ぐ」ことを学校中に暴露され、人気が地に堕ちたこともあった。学校でウンコをすることは、人生を左右する大事件だったのだ。

中学に入っても、トイレ危機は続いた。俺は電車で通学していて、学校は駅から遠かった。朝飯を大量に食べて電車で学校へ。すると、駅から学校に向かう途中、噴火寸前の火山みたいな大便意が襲ってくる!
ある時通学路で、この世の終わりかという地獄の淵に追い込まれた。交差点を渡れば学校だ。だがしかしあゝ無情アン・ルイス、信号が赤に変わってしまった。渡った先は交番、でも車は来ない。渡ってしまえ! 案の定、赤信号で渡った俺の前に、婦警が立ちはだかった!

「信号、見えてるよね!」

うるせー、どけ!

「赤信号なのに、どうして渡るの?」

身をヨジらせる俺に、尋問を続けるドS婦警。漏らしたらテメーのせいだ。ウンコぶっかけるぞオラッ(失礼)! クソ婦警(まさに)のせいで人生終わるところだった。間に合ったけどね。がんばったよ俺。

一方、家族旅行で行った浜松のホテルで、俺は人生最初の洋式トイレに遭遇した。最初はどうしたらいいかわからなくて、正解とは逆向きに座ったり。あと便器と肌が触れ合うのになじめなくて、しばらく慣れなかった。それが今じゃ、旅先で和式にブチ当たるとガーン!って感じだけどね。仕方なくしゃがんで用を足すと、足がシビれて立ち上がれないし。昔は1日何度もしゃがんで立って、生活しながらスクワット、足腰強かったんだね日本人は。

学生時代にサークル合宿で行った千葉の内房、岩井海岸はボットン地帯。宿のトイレがすごくて、落ちたら地球の裏側まで行っちゃいそうなボットン。鼻がモゲるくらい臭くてさ。
それが宿の中にひとつだけ、水洗じゃないけど“泡の力で押し流す”トイレがあって。鼻もげボットンよりゃマシかってんで使ってみた。泡の力でウンコや紙って流せんの?って思ったら流すんだよねジワジワと。静かにゆっくり、俺が出した分身がジワジワ押されて動いていく物理の神秘。じゃあ合宿中はこのトイレを使えばいいやって思ったらさ。みんな同じこと考えてんの。そして俺がいたサークルは大所帯で、男が百人以上! 行列できちゃって、やっと俺の番が来たと思ったら。
ギャアアアアッ! 泡もさすがに百人分は流せなくて、前のやつらの置き土産が山盛りでギャアアアアアッ!!

そんなトイレ地獄も今は昔。フタも自動開閉のトイレで、今日も快適ウォシュレット生活のオイラなの。ウンコするだけで笑い者になった昔を思うと、夢のようだね。

文:カベルナリア吉田

【「昭和40年男」vol.49(2018年6月号)掲載】

昭和40年生まれの紀行ライター。普段は全国を旅して紀行文を書いている。この1月に新刊『ビジホの朝メシを語れるほど食べてみた』(ユサブル)出版したからヨロシク! 去年出した『おとなの「ひとり休日」行動計画』(WAVE出版)、『突撃! 島酒場』(イカロス出版)、『何度行っても変わらない沖縄』(林檎プロモーション)、『狙われた島』(アルファベータブックス)全部ヨロシク! 2月17日には東京・世田谷の「かなざわ珈琲」で手料理つきバレンタイントークショーやるから来てくれよな!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*