ロボットとヒトによる新しい家事支援サービス「ugo(ユーゴー)」

パートナーロボットの開発を手掛けるMira Robotics株式会社は、ロボットとヒトによる新しい家事支援サービス「ugo(ユーゴー)」を発表した。「ugo(ユーゴー)」はロボットをヒトが遠隔操作することで、これまで家事支援サービス普及の障壁となっていた心理的ハードルやコストといった問題を解決し、今後増え続けると予想される共働き世帯や高齢者世帯に気楽にご利用いただけるサービスを目指しているという。

「ugo(ユーゴー)」の特徴

●遠隔操作で家事代行
利用者宅にロボットを設置し、専門のオペレーターが遠隔操作をして家事を代行。そのため、他人を家に入れるという心理的負担なく利用することができる。

●面倒な家事をお任せ
見た目はロボットでも遠隔操作で人が対応するので、ロボット単体では難しい洗濯、整理整頓をはじめ、細かな要望にもできる限り応えるとしている。必要な時に必要な分だけ依頼できるので、費用も抑えることができる。

●不在時も安心
留守中に安心して利用できるように、ロボットにはプライバシー保護機能を搭載している。利用者はスマートフォンの専用アプリから家事を依頼し、オペレーターは許可なくロボットを操作することはできない。また、ロボットが家事に必要な部分でのみ動くようシステムが適切に制御し、プライバシーを守ることができる。作業状況はアプリから随時確認が可能だ。

●主な仕様
ugo(ユーゴー)は2本のアームを持ち、高さ調節にも対応した家事支援専用ロボット。
商品名称 : ugo(ユーゴー)
身長 : 通常 約110 cm 最長 約180 cm
重量 : 約 72 kg
外形寸法 : 幅45cm 高さ110cm 奥行き66cm
装備 : カメラx3、センサー、マイク、スピーカー
通信 : モバイルネットワーク通信(LTE) / Wi-Fi
連続稼働時間 : 約4時間
※いずれも開発時の仕様のため、変更になる場合があります。

詳細はこちらから→https://ugo.plus/

2020年のサービス開始を目指し、現在テストユーザーを募集中とのこと! 興味のある方は応募してみてはいかがですか? ロボットが人間の代わりに家事をしてくれるなんて、子供の頃に夢の世界のことだと思っていたことがついに実現するんですね! 人手不足が深刻になっていくこれからの時代、さまざまなところでロボットが活躍する姿が当たり前のようになる日が、そう遠くはないようです!

『昭和40年男』定期購読のご案内
『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。