俺たちと仮面ライダー!!

昨日は立春で、その暦を意識したかのような陽気だった東京だ。そして急に冷え込んだ夜、浅草だけは熱かった。そう、毎週月曜日のクレイジーな集い『浅草秘密基地』は、昨日も元気に開催した。ボチボチの集客ながら、女の子がいないと一部の参加者からは文句が出てしまった。だからね、主催者を救うと思って女の子も奮ってご参加ください。

 

さて、昨日の参加者は昭和40年男が5名、41年男が4名、42年男が1名という分布だった。ほぼタメ年ということで、どの仮面ライダーまで見ていたかという質問をしてみた。まず最も多かったのがV3までの6人で、続いてストロンガーが2人。強者が2人いて、スカイライダーとスーパーワンが1人ずついた。すげー、パチパチ。スーパーワンなんざ、高校受験から入学後まで放送していたから、スーパーヘビーユーザーだと言える。

 

続いて、どのライダーが一番好きだったかと聞くと、V3が3人にXが2人と続いて、初代1号、2号、ライダーマン、クウガ、ブラックがそれぞれ1人ずつと割れた。それにしても仮面ライダーの話題はやはり盛り上がる。みんなそれぞれの思い出をかぶせあったのだった。

 

ライダーマンに1票入れたのは僕だ。当時はベストライダーだとは思っていなかっただろうが、今振り返るといつもボコボコにされて悲哀に満ちていながらも、2枚目でニヒルな感じがいい。男はつらいよと特集を組む男としては、断然ライダーマンなのだ。さあ、皆さんはいかがでしょう?

『昭和40年男』定期購読のご案内
『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

3件のコメント

  1. アマゾンがいない・・・・。
    やっぱアマゾンですよ!野生ですよ!
    噛みつき、引きちぎり、あの異質感が最高です。

  2. 自分は「仮面ライダーと言えば 旧1号」な昭和39年男です。
    小学校1年生の時に仮面ライダーの放送が始まりました。
    もちろん、ライダースナックも買いました。
    そんなライダーに夢中になった世代の連中が高校生になった頃、暴走族がやたらと多かったのは偶然なんですかねぇ…!?
    昨夜は参戦できなくて残念!!

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。