還暦上等のアジト!?

アジトってショッカーを思い出す、俺たちにとって特別な響きですな。そもそも、今日のテーマである秘密基地もそう。男の子はなんだかそそられる!!

 

さて本題。1月も残りわずかとなった昨夜だってのに「あけましておめでとうございます」と何度も乾杯を繰り返したのは、毎週月曜日の読者さんの集い『浅草秘密基地』でのことだ。このおバカな宴はもうすぐ10年目に突入する。たくさんの出会いがあり、影響を与え合ったりもしてきた。そういう意味では、この会場は最新号の巻頭で宣言した『還暦上等』のアジトになるかもしれない。というのも。

 

写真左から2番目の小西さんが昨日の主役だ。会場にふらっと現れたのは2015年のことだった(はず)。その時、この基地を舞台にして結成された陸上部に勧誘されてしまった。久しぶりの長距離走となったものの、翌年のフルマラソン大会にエントリーして見事に完走を果たした。以来、茨城で開催されている『勝田全国マラソン』に毎年エントリーを続け、去る27日の同大会で自己ベストの4時間31分を記録したのだ。おーっ、パチパチ。昨日はそのお祝いもあり、お正月とダブルでおめでとうの乾杯になった。情けないことに、僕も申し込んでいたのだが棄権になってしまった(泣)。ちょっとそれるが、チーム昭和40年男でエントリーしてくれた菅谷さんも4時間7分でゴールしている。

 

42.195㎞なんて絶対無理だと、まったく見向きもしない諸氏がほとんどかもしれない。だがこの秘密基地をきっかけに走り始めた陸上部員は、僕を入れて現在8名になっている。全員走りから遠のいていた面々で、これが僕はうれしいのだ。『昭和40年男』をキッカケに出会い、一緒に大会に出たり練習の内容を共有したり影響し合っている。前述の小西さんは、走ると必ずその内容を8人のグループライン上に公表するから「まじい~、俺もやらなければ」となる。これこそ『還暦上等』のあり方だ。

 

昨日はこの後1人来てくれて、撮影者の僕を入れて10名の宴となった。列中央の右の男性が昨日は初参加のカワベさんで、おそらく帰りは1時間半ほどかかるところから来てくれた。初参加でもまったく問題なく打ち解けられた(はずだ)。またお越しいただいた時には陸上部に勧誘だな。

 

残酷に、そして確実に衰えていく。それを食い止めるのは己の意思次第だが、あたしゃそんなに強くない。そこで頼りになるのが仲間の存在なのだ。強くないあなたは、浅草にいらっしゃ~い。

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。