トヨタとHondaのル・マン24時間レース優勝マシンが初共演! 鈴鹿サーキット無料イベント開催。

2019年3月2日(土)・3日(日)に鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で開催される、トヨタ自動車株式会社と本田技研工業株式会社、株式会社モビリティランド 鈴鹿サーキットの3社共催イベント、「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」で、2018年にフランスの「ル・マン24時間レース」で優勝した二輪、四輪マシンのデモンストレーションランが決定した!

「ル・マン24時間レース」は、二輪、四輪ともに耐久レースの最高峰とされ、2018年シーズンは、四輪ではTOYOTA GAZOO Racingが、二輪ではF.C.C. TSR Honda Franceが優勝を飾っている。

2018年にル・マン24時間を制したマシンの共演は初!しかも、今回走行が決定したTOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRIDは鈴鹿サーキットでの走行も初めてだという。

この「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」は、メーカーの垣根を越えて、さまざまなモータースポーツの魅力を伝るとともに、クルマを運転する楽しさやクルマへの憧れ・夢を育んでもらえるイベントとして実施、すでにTOYOTA GAZOO RacingのWRC(世界ラリー選手権)マシン、Hondaエンジンを搭載したインディ500優勝マシンの走行が決定している。

なお、本イベントは公式サイトに掲載されている「特別ご招待券」を提示すると無料で入場できるというから、ぜひ公式サイトで確認してみてほしい。鈴鹿サーキット公式サイトはこちら

2018年ル・マン24時間レース優勝マシン初共演

四輪:TOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRID

TS050 HYBRID

鈴鹿初走行となるTOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRIDはWEC(FIA世界耐久選手権)に参戦する耐久マシン。2018-2019年シーズンは世界三大レースの一つとして数えられるル・マン24時間レースで初優勝を飾り、ドライバーズタイトルとマニュファクチャラーズタイトルの獲得が期待される。

二輪:F.C.C. TSR Honda France CBR1000RR

CBR1000RR

Hondaからは、EWC(FIM世界耐久選手権)に参戦し、2017-2018年シーズンにはル・マン24時間レース優勝、”コカ・コーラ”鈴鹿8耐で日本チームとして初めてシリーズチャンピオンを獲得したF.C.C. TSR Honda FranceのCBR1000RR。2018-2019年シーズンの開幕戦でも勝利し、2連覇が期待される。

なお、走行日時・場所・ドライバー・ライダーの詳細は決定次第発表されるという。

モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~ 開催概要

開催日程:2019年3月2日(土)・3日(日)
開催場所:鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)
共催:トヨタ自動車株式会社(TOYOTA GAZOO Racing)/本田技研工業株式会社/株式会社モビリティランド 鈴鹿サーキット
入場料金:公式ウェブサイトに掲載の招待券持参で無料
※通常料金:ゆうえんち入園料 大人(中学生以上)1,700円、子ども(小学生)800円、幼児(3歳~未就学児)600円

世界最高峰の耐久レース、「ル・マン24時間レース」の二輪と四輪で共に日本のマシンが優勝しているというのは本当にすごいことだ!そして今回、その栄えある栄光を勝ち取った四輪、二輪の各マシンが鈴鹿サーキットで、まさに夢の共演を果たす。クルマ、バイク、そしてメーカーの垣根も越えて盛り上がりをみせる、「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」にぜひ仲間を誘って出かけてみてはいかがだろうか!

2019 鈴鹿8耐久ロードレース 特別企画

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。