全日本大学駅伝と全日本ロードレース。

神よ、なぜこんな仕打ちを私に与えるのだ。と、何度も何度もつぶやいている今日は、箱根駅伝に続く極めて重要な全日本大学駅伝が行われている。そして、そのコース上にほど近い鈴鹿サーキットでは全日本ロードレースのシリーズ最終戦なのだ。朝、宿からサーキットへ向かう国道23号は静かに選手達を待っていた。カメラのやぐらを組んでいるところを眺めながら、こんなに近くにいるのに沿道にいられないのかとやはりブツブツ。

 

さて、全日本ロードレースは昨日もこのサイトでお伝えしたとおり、最高峰クラスの『JSB1000』が2レース行われる。10周の超スプリントと20周のレースだ。つい先ほど今10周のレースが終わり記者会見が行われた。レースはホンダワークスの高橋 巧選手が今季初勝利をあげた。来週の日曜日に開催される『ラブ・ジ・アース ミーティング』ゲストとして来てくれる予定なので弾みがついた。そして絶対王者のヤマハ中須賀克行選手は2位で終わった。が、最後のレースを迎えるまでもなくシリーズチャンピオンを決め、ダブルおめでとうである。

 

記者会見で高橋選手は「レースウィークで2分4秒が見え、予選では(4秒台に)入った」と好調をアピールしてから「今日の雨は今年最後のチャンスをくれ100%で飛ばした」と語った。そして、今年ホンダがワークスに復活したのは高橋選手にもプレッシャーだったようで「HRCが復活してこのまま終わったらまずいと思っていた」とした。一方、中須賀選手はスタートで失敗したことに対して気負っていたと言い、絶対王者をもってしてもやはりチャンピオンは重い。だがともかく、平成最後のチャンピオンを見事にゲットしたのだ。これで双方プレッシャーから解き放たれたことになり、3時過ぎにプログラムされている2レース目はきっと総力バトルになるだろう。ぜひこちらをご覧あれ

 

そして青学だ。記者会見から戻ると、7区でトップに立っているじゃないの。テレビが見たいと鈴鹿のプレスルームで身悶えている僕だ(笑)。

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。