横山 剣が振り返る70台の思い出。書籍『僕の好きな車』11月16日に発売!

クレイジーケンバンドの横山 剣の著書『僕の好きな車』が11月16日に立東舎より刊行される。

イラストレーション:あべあつし/ブックデザイン:木村由紀(MdN Design)

本書は雑誌『POPEYE』に6年間にわたって掲載された人気コラムを書籍化したもので、FORD MUSTANG GT’65からCITROEN SMまで、70台を超える名車・旧車・ダメ車・珍車との思い出を横山 剣が振り返ったカー・エッセイ集だ。驚くべきはその記憶力で、車に目覚めた5歳当時の鮮烈な思い出から始まり、車のみならず音楽、映画、ファッション、レース、そして街や建物の記憶がめくるめくように溢れ出すさまは、当代一級のメモワールと言えるだろう。そしてその背後に見え隠れするのは、キャンティ、ヤナセ、アルファレコードといった華やかな世界……。ただし、そんな昭和の潮騒に心を踊らせながらもノスタルジーに耽溺するわけではなく、21世紀の風景を疾走するのが横山 剣流の「昭和ワープ」なのだ。あべあつし氏による趣きのあるイラストレーションもすべてカラーで掲載し、仮想ドライブに華を添えている。

◆書誌情報
 『僕の好きな車』
著者:横山 剣
定価:本体1,800円(+税)
仕様:A5変形/オールカラー224ページ
発行立東舎/発売リットーミュージック
商品情報ページ http://rittorsha.jp/items/18317407.html

PROFILE 横山 剣(よこやま・けん)
クレイジーケンバンド・リーダー/作曲・編曲・作詞・Keyboards・Vocal
1960年横浜生まれ。小学校低学年の頃より脳内にメロディーが鳴り出し独学で作曲を始める。小学校5年生(1971年)の時、中古レコード屋の野外サウンド・システムにてマイク片手に実演販売を行う。中学2年よりバンド活動を開始して以来、地元横浜を中心に数多くのバンドで活動。1981年、それまでスタッフとして関わって来たクールスRCのヴォーカル兼コンポーザーとして抜擢されデビュー。以後、紆余曲折を経て1997年春、地元本牧にてクレイジーケンバンドを発足。堺正章、和田アキ子、SMAP、TOKIO、一青窈、松崎しげる、グループ魂、藤井フミヤ、ジェロ、関ジャニ∞、タッキー&翼、小泉今日子&中井貴一、TUBE、八代亜紀、氣志團、平井堅、クミコ、シシド・カフカなど、数多くのアーティストに楽曲提供。また、m-flo、ライムスター、FIRE BALLなど、ジャンルの壁を超越したコラボレーション、さらに今年、市川由紀乃とのDUETで演歌デビュー(!)も果たすなど、その音楽活動はボーダレスである。2018年、クレイジーケンバンドはデビュー20周年を迎え、8月には3年ぶりとなるオリジナルアルバム『GOING TO A GO-GO』をリリース。9月24日には横浜アリーナでデビュー20周年記念ライブを行い、大成功に終わった。

クルマ好きで知られる、クレイジーケンバンド・リーダーの横山 剣が6年におよぶ連載でつづったエッセイだ。イラストのレトロ感も相まって、当時を思わせる雰囲気が漂う書籍に仕上がっている。弊誌増刊『俺たちが愛したクルマ』とちょっと似た感じのタイトルになんとなく親近感を覚える。『僕の好きな車』11月16日の発売が今から待ち遠しい。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

1件のコメント

  1. やはり地元の英雄、横山さんといえば、”ベレG”ではないかと。。。
    来年のN2Dも期待しております。(40年男のブース、楽しみです。)

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*