原子力による2度目の幕引き。

7月に入り半分が過ぎ、節電ムードはみなさんの生活にどんな変化をもたらしているだろうか? 慣れてきましたか? 僕の生活圏である東京は、夜がすっかり暗くなってしまった。だいぶ慣れてきたものの、正直な気持ちをいえばすごく寂しい。夜が明るいという“無理”は、発展の道を歩んできた日本の象徴だと思うのですよ。

敗戦が濃厚になった日本中で、親に手を引っ張られ防空壕の闇の中で恐怖に震えていた。戦後その子供たちは復興のために懸命になって働き、明るい夜を我々やもっと先の世代のために築いてくれた。今は引退して、悠々自適に明るい日本で暮らしていたはずなのに、この夏、必死になって手に入れた明るい夜はなくなってしまった。戦争の幕引きをしたのが原子力で、そこから完全復興して明るくなった日本の幕引きが、原子力によってなされてしまった。しかも復興の立役者である一度は引退なさった方々が、志願して原子炉に向かうというじゃないか。すべてが間違いだらけなのに、まるで奇妙なストーリーが組み上げられてしまっている。

あんなに明るくなくてもよかったじゃないか。だから原子力はいらないなどと短絡的な話はしたくない。論点はまったく別のところにある。明るさの意味を胸に刻んでいたいと、東京の暗い街で思うのだ。あらゆる方面で復興させる力が求められていて、その中心にいるのは間違いなく我々昭和40年男である。がんばろうは被災地に向けられる言葉ではなく、我々が胸の中で強く燃やす言葉だ。

2件のコメント

    • たしかにそうでしょうね。ぼくもミラノに行ったときの暗さには驚きましたもの。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*