「はやぶさ」の「ぴーあーる隊」がスゴイ!

こんにちは! 昭和37年女こと、編集部のまつざきです。

え~「はやぶさ」といっても、今話題の小惑星探査機「はやぶさ2」のことではなく、東北新幹線「はやぶさ」です。過去のぼやき記事などでも度々話していますが、生まれ故郷が青森の私は、最近では「青森」というワードに敏感に反応するようになって(歳をとったせいでしょう!)今朝もネットの話題で、楽しそうな記事を見つけたのでご紹介します。

東京から青森までの間で、盛岡以北にある東北新幹線の停車駅のひとつに、七戸十和田(しちのへとわだ)駅というところがあります。2011年、はやぶさの運行開始当時は盛岡以北では一部八戸に停車する列車はありましたが、それ以外の駅はすべて通過駅でした。2013年のダイヤ改正にともない、運行本数も増えたことから、現在は同駅にも一日10往復ほど「はやぶさ」が停車することになりました。駅名のとおり、有名な観光地十和田の玄関口(とはいえ、十和田湖までは結構距離はあります…)とも言われていますので、この地をピーアールする絶好の機会が訪れたと言っても過言ではないですよね。とにかく停まってくれなければ、降りて来る人はいないわけですから…。

先日、そんな七戸十和田駅に降り立った、Webメディア「ジモコロ」の編集長・徳谷柿次郎さんが出遭った衝撃の「お出迎え」のようすが紹介されていましたので、こちらからぜひご覧下さい

う~ん確か、そんな人たちがいるということを聞いたことがあるような…というおぼろげかつ曖昧な記憶しかなかった私は、はやぶさのコスプレで歓迎のパフォーマンスをやっているのが、地元の商工会の方々だという事実を知り、まさにその「本気度」の高さを感じました。 「七戸はやぶさ  ぴーある隊」FB

七戸町の観光情報サイトはこちらです!

残念ながらこの「ぴーあーる隊」、いつでも会えるわけではないようですが、会えたら本当にラッキー!ですね。ぜひ、青森方面へ行く予定のある方は七戸十和田駅で下車してみてはいかがですか? もちろんこれが本職ではないので、いない時のほうが多いのだと思いますが…(^-^; この衝撃のお出迎えに遭遇できる可能性もゼロではありません(笑) キレッキレのパフォーマンス、見てみたいですね! 

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*